植物・生物 水 つくる 🍀アサガオの花びら染め

2023年12月15日

テーマ:
植物・生物/水/つくる
年 齢:
5歳児
ねらい:
・身近なもので染め物体験をする。
・草木染めの不思議さやおもしろさを知る。

活動内容

夏に園庭で咲いていたアサガオの花を摘み、冷凍庫に入れて保存しておきました。今回は、そのアサガオを使い、草木染めに挑戦です!

 

①アサガオの花びらをネットに入れて、少しの水とすりこぎでゴリゴリ…色がよく出るようにつぶす。

「わ~!ピンクになった!!」

「こっちは、紫だよ」

 

 

「もっとやってみよう!」

「じゃあさ、ひとり30回ずつやるのはどう?」

「いいね!!」

さすが年長さん!保育士が声をかけなくても、自分たちで交代して行う方法を考えられるようになってきました。

 

②お鍋で煮る。

 

 

 

 

 

色止めに「みょうばん」を投入

「あ!色が変わった」

「ピンクから濃いピンクになったね!」

「魔法みたい」

 

 

③染めるものをお鍋に入れて煮る。

今回は、夏に育てたお蚕さんにもらった「繭」と畑で育てたポップコーンの「皮」を染めました

 

「お~!色が変わってきた」「繭もポップコーンの皮も、ピンクだ!」

「なんか、ぶどうみたいな色だね」

 

④火を止めてしばらくしたら、お鍋から出す。乾かしたら完成!

染めた繭は、卒園式のコサージュに💐

ポップコーンの皮はリボンにしてクリスマスリースにします🎄

 

子ども達のきづき

すりこぎで色水を作る際、ピンクのものと紫のものができました。それを見て、、、

「赤と青を混ぜると紫だよね。じゃあ、青のアサガオも入っていたから紫になったんじゃない?」

「え~!きっとそうだよね」違いに気づくだけでなく、どうしてそうなったのか自分たちで考察する姿も見られました。

 

また見た目の色の変化だけでなく、煮ているときの匂いにも気づき「なんかお花の匂いがする!」「だんだんすっぱい匂いになってきた!」と楽しむ子どもの姿もありました。

事例に対する保育者の思い

夏には色水遊びを楽しんだ子ども達。似たような方法で、染め物ができることを紹介したいと思い活動を設定しました。

使用したものは、みょうばんを除いて全て子ども達が育てたもの。身近なものを使用することでより興味を持ち、楽しんで取り組む姿が見られました。

また、染めた繭と皮をコサージュやクリスマスリースにすることで、見返したときに今回の楽しさやおもしろさ、友達との思い出を思い返して欲しいなと願っています。

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

さくしりつなかごみだいいちほいくえん 佐久市立中込第一保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 副園長 : 保科美代子
運営法人 佐久市
運営法人代表者名 佐久市長
園の設立日 1951.4.1
認定日 2015.10.13
区分 保育所
住所 〒385-0051 佐久市中込3-24-5
エリア 東信
お問い合わせ先 TEL : 0267-62-0644 
FAX : 0267-62-0644 
MAIL : n-daiichi-hoiku@city.saku.nagano.jp
ホームページ https://www.city.saku.nagano.jp/kenko/kosodate/hoikushisetsu/nakagomi1.html
定員数 未満児 : 28人 3歳児 : 20人 4歳児 : 21人 5歳児 : 21人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ