植物・生物 また春に会おうね~! 山王保育園さくら組

2023年11月2日

テーマ:
植物・生物
年 齢:
4歳児
ねらい:
生き物の飼育を通して、生き物の生態を知ったり、命について考えたりする

活動内容

気温が低くなり、カナヘビさん達がなかなか動かなくなってきました。

そして、先日とかちゃんとカナヘビ(名前のなし)が亡くなっているのを見つけ、お墓を作った子ども達。

あと3匹をどうするかみんなで話し合いました。

絵本『カナヘビ』を見て、冬眠について知りました。

冬の間寝ることを知り、冬はいつか聞いてみると「12月」「1月」「2月」「3月」と答えていました。

1ヶ月ごとの日数を計算してみると全部で122日!122日間寝ることを知り、驚いていました。

子ども達が122日寝るとしたら、その前に何をしたいか聞いてみると「(好きなもの)いっぱい食べたい」「遊びたい」「ソファーでごろごろしたい」「ゲームしたい」「かけっこしたい」など様々な意見が出ました。

カナヘビさんは122日間寝る前にどんなことしたいか考えると「広いところで走りたいと思う」「バッタいっぱい食べたいと思う」「草の上とかで遊びたいと思う」「ひなたぼっこしたいと思う」など話していました。

そして、みんなはどうしてあげたいか話すと「外に逃がしてあげよう」という意見が出て、みんな賛成。

外でお別れ会をすることにしました。

触って「またね~」と言ったり手の上に乗せて最後の時間を大切に過ごしたりしていました。

一人ひとりお別れをした後に草の上に放してあげました。

「ピーチ・マリオ・スーパーピックばいば~い!」「また春に会おうね」と手を振って見送っていました。

子ども達のきづき

・冬の間土の中でずっと寝て、春になったら起きる。

・冬眠しないと死んでしまう。

・暖かくなったら出てくる。

・12月~3月まで冬、122日間ある。

・122日間寝るなら、その前は好きなことをしたり、お腹いっぱい食べたりしたい。

事例に対する保育者の思い

・4月からお世話をしてきたカナヘビの冬の過ごし方を知り、どうすればよいか子ども達自身で考えて決められるようにしました。

・冬眠は子ども達にとって身近な出来事ではないので、自分のこととして1度考えることで、イメージしやすくしました。

・クラスの全員が納得して決められるように話し合いの時間を設けました。

・一人ひとりが十分にお別れの時間を過ごせるようにしました。

・また春に子ども達とカナヘビが再会できることを願っています。

ながのしさんのうほいくえん 長野市山王保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 相澤 泰子
運営法人 長野市
運営法人代表者名 長野市長
園の設立日 昭和23年4月
認定日 平成29年
区分 保育所
住所 〒380-0826 長野市北石堂町1024-2
エリア 北信
お問い合わせ先 TEL : 026-226-7670 
FAX : 026-226-7670 
MAIL : sanno-hoiku@city.nagano.lg.jp
定員数 未満児 : 20人 3歳児 : 30人 4歳児 : 30人 5歳児 : 30人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月曜日から土曜日
基本開所時間 7時30分から19時00分
延長保育の有無
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ