土 植物・生物 🍀もぐらさん どこ?

2022年12月16日

テーマ:
土/植物・生物
年 齢:
2歳児
ねらい:
・様々なことに興味を持ち、遊びを楽しむ。

活動内容

朝、ぶとう棚の下の花壇横にもぐらさんがつくったであろう土の盛り上がりを見つけました。

その横には、さらに長いトンネルの様な盛り上がりが続いていました。

保育士「もぐらさんの穴みたい!もぐらさんいるのかなぁ。ちょっとほってみようかな」

子「やるやる」「シャベルでほるか・・」

保育士「トンネルの下はやわらかいよ。もぐらさんいるかな」

子「やってみる」

保育士「つながるね。」

「穴もある。なんだろう。触ってみるよ」

保育士「もぐらさんと握手できちゃうかもしれないなぁ」

 

子ども達のきづき

4歳児「何やってるの?」

2歳児「もぐらの穴ほってる」「もぐらいるよ」

4歳児「昼間はいないよ。夜になったらいるかもしれない」

嬉々として穴ほりやもぐら探しをしている子を見て、そばにいた子も傍らにあったおもちゃのフライパンで参加しだす。

 

事例に対する保育者の思い

絵本でしか見たことがないであろうもぐらを想像し穴掘りをしている2歳児。土中に埋まっていたブドウの木の皮を見つけた子から「もぐらさんの手かと思った。握手したかと思った」などの言葉が聞かれた。掘るに夢中で、シャベルの砂が隣の子の首元にかかってしまったアクシデントもあった。「あっ、トラブル発生!ケンカになる」と咄嗟に思ってしまった。が、砂を払いそのまま遊びが続いた。夢中になって遊ぶことで言葉が生まれ、友だちとかかわりあい、想像の世界が広がっていく一場面だった。冬になり戸外での遊びも限定されがちだが、想像の世界は無限大。これからも様々な経験やかかわりや遊びが広がっていくだろう。

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

さくしりつなかごみだいいちほいくえん 佐久市立中込第一保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 副園長 : 保科美代子
運営法人 佐久市
運営法人代表者名 佐久市長
園の設立日 1951.4.1
認定日 2015.10.13
区分 保育所
住所 〒385-0051 佐久市中込3-24-5
エリア 東信
お問い合わせ先 TEL : 0267-62-0644 
FAX : 0267-62-0644 
MAIL : n-daiichi-hoiku@city.saku.nagano.jp
ホームページ https://www.city.saku.nagano.jp/kenko/kosodate/hoikushisetsu/nakagomi1.html
定員数 未満児 : 28人 3歳児 : 20人 4歳児 : 21人 5歳児 : 21人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ