植物・生物 食 つくる 🍀スイートポテトづくり🍠①

2022年11月14日

テーマ:
植物・生物/食/つくる
年 齢:
5歳児
ねらい:
・自分たちで作ったさつまいもでスイートポテトを作りを楽しむ。

活動内容

収穫した🍠さつまいもを焼きいも会で食べました。まだまだ、残っている🍠さつまいもでスイートポテトを作ることに・・。保育園のお友だちに食べてもらう前に5歳児おひさま組さんで試作を行いました。

まずは、身支度を整えよう。

それから、給食室に材料(さつまいも・砂糖・バター)を持ちに行きます。

ビニール袋に蒸かしてもらった🍠さつまいもを入れてもらいました。その後、ひとり一人が、スプーンでバターと砂糖を入れます。

「材料をみんな入れたらこんな感じでモミモミするよ。あとは、ホイルにいれます。」

なんとか、予定した数の出来上がり。(フッ😏ー形さまざま!!)

 

 

 

 

子ども達のきづき

「砂糖の色がうす茶色だ・・。家は白いよ。」

「こういう色のお砂糖もあるんだよ。」

「良いにおいがする・・」

「モミモミすると柔らかくなる」

事例に対する保育者の思い

たくさん収穫できた🍠さつまいも。焼きいものほかに「子どもたちが体験できて食べられるものは」ということで、給食の先生がスイートポテトを提案してくれました。甘い種類の🍠さつまいもだったので砂糖の量を控えてもかなり甘みがあり大好評でした。小さい組さんは甘いにおいだけでごめんなさい。今回は、「ビニール袋に材料を入れて混ぜホイルカップに入れ、焼いてもらう」でしたが、🍠さつまいもに水分(ねっとり感)がありひとまとめにしアルミカップに出すのに苦労しました。そこは絞り出したらいいのでは・・ということに。また、甘味はどうか?大きさは?今回の試作をもとに、保育園のみんなに食べてもらえるよう、もう一回挑戦するようです。保育園のテラスには、収穫時に作ったカラカラになってきたさつもいもの茎のリースが並んでいます。あっ、お散歩からおひさま組さんが帰ってきました。近くの公園で見つけたたくさんのどんぐりやまつぼっくりと色づいた葉っぱたちをお散歩バッグにいれて。どうやらリースの飾りになるようです。次から次へと楽しいことや美味しいこと😋を考えている先生たち。保育園周辺の豊かな自然の恵みやこの時期ならではの遊びを思う存分みんなで楽しみましょう。

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

さくしりつなかごみだいいちほいくえん 佐久市立中込第一保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 副園長 : 保科美代子
運営法人 佐久市
運営法人代表者名 佐久市長
園の設立日 1951.4.1
認定日 2015.10.13
区分 保育所
住所 〒385-0051 佐久市中込3-24-5
エリア 東信
お問い合わせ先 TEL : 0267-62-0644 
FAX : 0267-62-0644 
MAIL : n-daiichi-hoiku@city.saku.nagano.jp
ホームページ https://www.city.saku.nagano.jp/kenko/kosodate/hoikushisetsu/nakagomi1.html
定員数 未満児 : 28人 3歳児 : 20人 4歳児 : 21人 5歳児 : 21人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ