本園の特徴

子どもが現在(いま)を幸せに生活し、未来(あす)を生きる力を育て、一人ひとりの子どもを心から尊重し、子ども、保護者、地域に最善をつくせる保育園を目指しています。

・自然に親しみ、さまざまな体験を通して豊かな感情や表現力を育む保育
・すすんであいさつするなど、生活に必要な基本的な習慣や態度を養い、心身の健康の基礎を培う保育
・交流保育を通し、人との関わりを多く持ち、コミュニケーション力を育てる保育

News

ニュースはありません

もっと見る

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

植物・生物 空・天気 人・地域 梅雨期の散歩

2019年7月4日

テーマ:
植物・生物/空・天気/人・地域
年 齢:
2歳児
ねらい:
梅雨期の草花や小動物など様々なものに触れながら遊ぶことを楽しむ。

活動内容

散歩に行くことが大好きな子ども達。日ごろ絵本で見たり、楽しく歌っている歌詞に出てくる草花、虫などを見つけたり触れたりすることで、より興味を持ち親しみを持つ。

 

「あっ、なんかあった!」の声。見てみると小さな小さな双葉。たくさんの草花の中から見つけてもらえた双葉。きっとにっこりしてるね。

ここはお気に入りの場所。「あっ、とり」「あっ、みのむし」「あっ、トラック」いろいろな発見があります。

草花を「おみやげにするー。」と言って摘んだり、「ちょうちょだー!」と追いかけたりオオバコ相撲をしたりと楽しんでいます。

雨上がりの農道。雨水で小川ができていて日があたりキラキラ。「あめふりくまのこ」の歌が始まりました。

「あっ、カエル」「えっ、どこ?」「あっ、こっちにもいた!」ゆったりずっと見ていました。

子ども達のきづき

散歩を継続していると、「あっ、イチゴ赤くなった。」「りんご、大きくなった。」などの声がたくさん聞こえてきました。花から実、実の色づきなど、日ごとに変化していく畑の野菜や果物に気付いたり、以前は「ちっちゃい。」と言っていた赤ちゃんバッタが「大きくなったね。」になったりと様々なことへの興味が広がり、言葉のやり取りも増えてきています。

事例に対する保育者の思い

様々なものを見て感じて、触れて子ども達の興味がどんどん広がっていくのを感じます。その中で友達の発見や言葉に応えたりやりとりが増えてきています。

これからも子ども達の興味やワクワクすることを一緒に楽しんでいきたいと思います。

いいづなちょうりつさみずっこほいくえん 飯綱町立さみずっ子保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 栗田 喜美江
運営法人 飯綱町
運営法人代表者名 飯綱町長
園の設立日 平成28年11月28日
認定日 2017.10.27
区分 保育所
住所 〒389-1206 上水内郡飯綱町普光寺170-4
エリア 北信
お問い合わせ先 TEL : 026-253-8800 
FAX : 026-253-5500 
MAIL : samizukko-hoiku@town.iizuna.nagano.jp
ホームページ http://www.town.iizuna.nagano.jp/14/115/4943/index.html
定員数 未満児 : 24人 3歳児 : 20人 4歳児 : 23人 5歳児 : 23人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月火水木金土
基本開所時間 7:00~19:00
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ

自然保育の認定団体を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる