本園の特徴

・園目標「あいさつや自分の思いを伝えあえる子ども」「自然の中で夢中になって遊べる子ども」「自分で考えて行動できる子ども」「楽しくおいしく食べる子ども」
・保育所園庭、周辺に山や田んぼ、畑があり、豊かな自然に囲まれている。自然の中で遊びを楽しむ姿がある。
・散歩コースがバラエティ豊かで山、林、川の探索や草花、山菜の採集、生き物の捕獲などの体験ができる。
・村の子として地域の方々に声かけをしていただいたり、田んぼの畦などで遊ばせていただくことも多い。
・畑活動では、地域の方との交流もあり、一緒に作業する機会がある。秋には焼き芋に招待し一緒に収穫を楽しんでいる。

News

ニュースはありません

もっと見る

土 植物・生物 水 空・天気 人・地域 食 つくる たくさん野菜ができるかな

2024年6月6日

テーマ:
土/植物・生物/水/空・天気/人・地域/食/つくる
年 齢:
1歳児・2歳児・3歳児・4歳児
ねらい:
畑活動を通して、野菜に関心を持とう!!
収穫を楽しみに、苗植えを行い生長を見守ろう!!

活動内容

 

今年は、園舎裏(上の畑)と園舎下(下の畑)の畑をお借りすることができ、子ども達と畑の話し合いを行いました。じゃがいも・さつまいも・ピーマン(2種類)・トマト(3種類)・きゅうり・なす(3種類)・かぼちゃを植える事に決まりました。秋にも、大根や玉ねぎを植える予定です。

下の畑は、水田跡地で初めての畑作りであるため子ども達と話し合いをして種類多く育てることにしました。

 

4月22日・23日にじゃがいもを植えました。

上の畑は、2歳児のお友達と一緒に、ジャガイモを植えました。

   

下の畑は、1歳児のお友達が見守る中、里芋と、ジャガイモ(赤)を植えました。植えた後は、年中組が水やりを行いました。

お散歩途中に、畑を作ってくれたおじさんに「ありがとうございました」と、挨拶をしました。散歩に出かける時は、野菜の生長を確認します。

 

   

5月16日、雨上がりで足場の悪い中でしたが、野菜の苗を植えました。3回目となると、土に抵抗があった年少組の子ども達も進んで苗植えを行いました。

5月24日、さつま芋の苗を植えました。6月3日は、プランターにスナップエンドウの種をまきました。これで、苗植え、種まきはひと段落です!!

年中組を中心に、収穫を楽しみにしながら、野菜の生長を見守りたいと思います!!

子ども達のきづき

・トマトやナスには、大きさや形などたくさんの種類があることを知りました。

・種は黒のイメージだったので、宝石みたいな水色でビックリ。ホントにスナップエンドウ(緑)ができるのかな??

  

・じゃがいもの種類によって、お花の色が違うことを知りました。

(左:赤いじゃが芋 右:白いじゃが芋)

事例に対する保育者の思い

今年は、村民の方の好意によりおおきな畑をお借りすることができました。水田だったところを畑にしてもらい、畑活動をスタートさせました。

 

水はけが悪いため、なかなか畑にも入ることができず、写真を撮って子ども達と生長を見守っています。

収穫までまだまだ時間があるので、畑がもっと身近で収穫を楽しみに生長を見守ることができる環境作りをしていきたいと思います。

ねばむらほいくしょ 根羽村保育所

園の形態 普及型
代表者氏名 保育所長 : 松下剛樹
運営法人 根羽村
運営法人代表者名 根羽村長
園の設立日 1970.4.1
認定日 2019.9.13
区分 保育所
住所 〒395‐0701 下伊那郡根羽村149
エリア 南信
お問い合わせ先 TEL : 0265‐49‐2152 
FAX : 0265‐49‐2152 
MAIL : nebahoikusyo1107@mis.janis.or.jp
ホームページ
定員数 未満児 : 人 3歳児 : 人 4歳児 : 人 5歳児 : 人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月、火、水、木、金、土、日
基本開所時間 7時30分~18時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ

自然保育の認定園を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる