本園の特徴

周囲の自然環境を活かした積極的な戸外活動を取り入れた保育。
異年齢の関わりをとおして育ち合う、小規模園ならではの家庭的な保育。

News

ニュースはありません

もっと見る

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

植物・生物 いちご組 小松菜の収穫~青虫を見つけたよ~

2021年7月14日

テーマ:
植物・生物
年 齢:
1・2歳児
ねらい:
小松菜の収穫をして食べてみよう
身近な虫に興味をもち観察してみよう

活動内容

5月に種まきをした小松菜の収穫をしました。

保育士が「根元から引っ張って抜くんだよ。」と伝え収穫して見せると、

子どもたちも同じように、張り切って収穫をしていました。

「おっきいのが採れたよ~!」

「葉っぱに穴が開いてるねえ。」

「虫が食べちゃったのかなあ。」

収穫した小松菜は給食の先生に調理してもらっておいしくいただきました。

子ども達のきづき

「あれ!せんせ~!葉っぱに青い虫がついてるよ!」

収穫した小松菜の葉に青虫を発見!

飼育ケースに入れて飼ってみることになりました。

「青虫は何を食べるのかなあ?」

畑の草を抜いて飼育ケースに入れる子がいました。

しばらく飼育していると、青虫がさなぎになっているのを発見!

色が変わった青虫を見て不思議そうに見つめていました。

翌週、朝登園してきた子が「ちょうちょがいるよ!」

と、飼育ケースの中のちょうちょを見つけました。

ちょうちょを逃がす様子です。

「ばいば~い」と思い思いに手を振っていました。

「飛んでいっちゃったね」

事例に対する保育者の思い

未満児でも、自分たちで野菜を収穫するという体験を通して、そこから新たな発見や体験が広がっていくことを感じました。

青虫がちょうちょになるという生命の不思議に触れることができる良い機会になりました。ちょうちょを逃がした日のプール活動中に飛んでいたちょうちょを見て、「お~い!」とちょうちょに呼びかけるかわいい姿もありました。

子どもたちの発見や興味を同じ目線で感じ、一緒に楽しめる保育士でありたいと思いました。

ながのしとよのさつきほいくえん 長野市豊野さつき保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 笠井 豊
運営法人 長野市
運営法人代表者名 長野市長
園の設立日 1975.4.1
認定日 2015.10.13
区分 保育所
住所 〒389-1105 長野市豊野石2235-1
エリア 北信
お問い合わせ先 TEL : 026-257-2486 
FAX : 026-257-2486 
MAIL : toyonosatsuki-hoiku@city.nagano.lg.jp
ホームページ
定員数 未満児 : 14人 3歳児 : 10人 4歳児 : 15人 5歳児 : 16人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ

自然保育の認定団体を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる