本園の特徴

・天気の良い日はいつも朝園庭に出て、砂遊びや虫探し、泥だんごづくりなど、身近な自然物で遊んでいます。
・幼児組は天気のいい日はほぼ毎日、マラソンをします。
・園周辺は自然が豊かで神社や公園がたくさんあり、四季折々様々な遊びが楽しめます。また、車の行き来が少ない農道がたくさんあり、安心して散歩を楽しんでいます。
・毎年年長児が運動会で竹馬の成果の発表をしています。35年も続く伝統の遊びとなっています。

News

ニュースはありません

もっと見る

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

土 植物・生物 水 空・天気 食 つくる おおきなおおきなおいも

2021年10月22日

テーマ:
土/植物・生物/水/空・天気/食/つくる
年 齢:
4歳児
ねらい:
自分たちで育てたさつま芋を掘る

活動内容

 

思いもかけずおおきなお芋が育ちました。

「こんなに大きなお芋ほれるかなあ」「小さなしゃべるでほれる?「手で掘ればいいよ」とみんなで力を合わせました。

もちろん、年長さんや、年少さんも掘りました。

小さいお友達は「がんばれー」と応援です。

お芋のつるをとっていると年長さんが「お母さん好きなんだよ」「煮るとおいしんだよ」と言って手伝ってくれました。

 

子ども達のきづき

つるを干しておいてリース作りもします。

「川のほうにも、こんなつるあったよね。」クズのつるを思い出したようです。

季節外れのアサガオです。フェンスに絡んでいた種をまいたら芽が出たのでプランターに植え替えました。

見事に咲いてくれました。

子どもの気持ちを汲み取って蔓が絡むようにテープを巻いてくれた担任の保育士もうれしそうです。

年長さんは大根を育てています。黒い小さな虫を捕ってバケツに入れ「これでおいしい大根が食べられる」と満足そうでした。

 

事例に対する保育者の思い

「たねをまいたらどうなるかなあ」という子どもたちの思いを大事にして、季節外れのアサガオをみんなで育てようと苗を大切にした保育士たちは素敵です。

また、一生懸命に芋の周りを手で掘って何とか自分たちの力で掘り出そうとする子どもたち、微笑ましいです。おいしい焼き芋が食べられそうです。

未満児さんのころから土や草に触れる機会が持てるというのは嬉しいですね。

ながのしとよのひがしほいくえん 長野市豊野ひがし保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 渡辺 美穂子
運営法人 長野市
運営法人代表者名 長野市長
園の設立日 平成9年3月26日
認定日 2017.10.27
区分 保育所
住所 〒389-1102 長野市豊野町大倉2196
エリア 北信
お問い合わせ先 TEL : 026-257-2484 
FAX : 026-257-2484 
MAIL :
ホームページ
定員数 未満児 : 35人 3歳児 : 22人 4歳児 : 23人 5歳児 : 45人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月火水木金土
基本開所時間 7:30~19:00
延長保育の有無
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ

自然保育の認定団体を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる