本園の特徴

・定員60名という小規模園であるので、縦のつながりがあり全園児が仲がよい。
・園周辺は自然に恵まれているので、散歩に出かけて自然の中での活動を多くしている。
・園近くに畑を借りており、いろいろな種類の野菜を栽培し、収穫している。
その野菜を使っての調理体験をし、食育活動にも力を入れている。親子クッキングや親子での飯ごう炊さんも実施している。
・地域の方の協力により、田植えや稲刈りの経験をさせてもらい、収穫した米で餅つきをしている。

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

土 空・天気 人・地域 みんなで力を合わせて砂を運ぼう!

2020年12月17日

テーマ:
土/空・天気/人・地域
年 齢:
4歳児
ねらい:
友だちと力を合わせることで、一人ではできないことができたという
一体感や達成感を味わう

活動内容

友だちと一緒に砂山の頂上に登ったり穴を掘ったりして楽しみながら

協力して砂場まで砂を運ぶ

子ども達のきづき

・園庭に砂場用の山ができると興味津々で近づき登ったり触ったりして楽しんでいた。 穴ほるぞー!

・そのうちに「なんで砂場にはいれないの?」「僕たちで運ぼう!」と運び始めたが

「いつまでたっても終わらないね」となかなか進まないことに気づき

「みんなを呼んでこよう」と、友だちと力を合わせるとできるかもしれないと気付いた子がいた。

「いっしょにはこぶ?」          「よいしょ!よいしょ!」

・砂場用のバケツで運んでいた子がもっとたくさん一度に運ぶにはどうしたらいいか考えていたり

二輪車に入れて運ぶうちに砂を入れすぎると重くて動かせなくなることに気づき、入れる量を

加減する子がいたり、重いときは友達を誘って一緒に押したりする子もいた。

「いっぱい運ぶぞー!」            「いっぱい入れて・・かためて・・・」

砂山に登ると靴に砂が入ることを知り、友だちに教える子がいたり、ベンチに座って砂を

はらうとはらいやすいと教える子もいた。

・1~2週間かかってすべて運び終えたが、その間に雨が降った日は

「雨が降ったらぬれて固くなった」と気づいたり、砂が「雨に流されちゃう!」と

心配する子もいた。

「よいしょ!よいしょ!」

事例に対する保育者の思い

初めて体験すること、自分だけではできないことに対して、子ども自身が

気づくことを大切にしながら、困ったときにどうしたらよいか、友だちと伝えあったり

協力し合ったりすることの大切さに気付いてほしい。

また、それを体験することで友だちを大切にする心も育ってほしい。

こまがねしりつきたわりほいくえん 駒ヶ根市立北割保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 佐野 由紀恵
運営法人 駒ヶ根市
運営法人代表者名 駒ヶ根市長
園の設立日 1952.1.1
認定日 2016.10.12
区分 保育所
住所 〒399-4117 駒ヶ根市赤穂912-1
エリア 南信
お問い合わせ先 TEL : 0265-83-3672 
FAX : 0265-83-3672 
MAIL : kita-ho@city.komagane.nagano.jp
ホームページ http://www.city.komagane.nagano.jp/
定員数 未満児 : 15人 3歳児 : 15人 4歳児 : 15人 5歳児 : 15人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月、火、水、木、金
基本開所時間 8時~16時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 募集中

自然保育の認定団体を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる