本園の特徴

小規模園の良さを活かし、園全体で異年齢での関わりを十分にとれる活動を多くする中で、互いへの関心や思いやりが持てる温かい雰囲気の認定こども園である。また、園舎の裏側には山があり、その中を駆け回って遊んだり、急斜面をよじ登ったり、また木の実等の自然物を集めるなど、日常的に身近な自然の中でのびのび遊ぶことができる。自然に恵まれた環境であり、その有効的な生かし方を職員で検討し、工夫する部分も多く、子どもたちは主体的に自然に関わって遊んでいる。

植物・生物 松の木からのプレゼント

2021年10月15日

テーマ:
植物・生物
年 齢:
3歳児
ねらい:
・風の心地よさを感じる。
・松ぼっくりの感触を味わい、遊びに取り入れて楽しむ。

活動内容

園庭で遊んでいたら、急に強い風が吹いてきました。

すると大きな松の木から、松ぼっくりが落ちる!!落ちる!!

「うわー、雨みたい。」「おっきな雨だ。」大喜びの子ども達

たくさん落ちて来た松ぼっくり、みんなで集めてお料理が始まりました。

子ども達のきづき

「これでごちそう作ろう!」さっそく松ぼっくりを拾ってみると、松脂で手がベタベタ・・・・・。

「そうだ!スコップで集めよう!」と上手に使って集めます。

「これなら、ベタベタしないね。」と道具を使うことに気がつきました。

「集めたのは、大きな鍋でぐつぐつ煮よう。」「大きな鍋だから一杯水がいるね。」とせっせと何回も往復して水を運びます。

「おいしく煮えたね。」

「みんなで分けよう。」

 

「松ぼっくりの種が入ったジュースもどうぞ。」

それぞれのお皿に盛り付け、松ぼっくり料理の完成です。

 

 

事例に対する保育者の思い

昔からこども園の子ども達を見守ってくれている大きな松の木。

そんな松の木からたくさんの松ぼっくりが落ちる瞬間に遭遇して子ども達と楽しめた時間でした。

風のいたずらか思いがけないプレゼントを貰い、松ぼっくりを集めて感触を楽しみ、ごっこあそびへの材料へと遊びが膨らみました。

今度は、何に使おうかな?

子ども達とわくわくしながら遊びを楽しんでいきたいと思います。

 

あずみのしりつかみかわてにんていこどもえん 安曇野市立上川手認定こども園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 渡辺 寿美子
運営法人 安曇野市
運営法人代表者名 安曇野市長
園の設立日 1956.2.6
認定日 2015.10.13
区分 認定こども園
住所 〒399-8203 安曇野市豊科田沢4917-1
エリア 中信
お問い合わせ先 TEL : 0263-72-2285 
FAX : 0263-71-2601 
MAIL : kodomoshien@city.azumino.nagano.jp
ホームページ https://www.city.azumino.nagano.jp/site/hoikuen/
定員数 未満児 : 15人 3歳児 : 13人 4歳児 : 26人 5歳児 : 26人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ

自然保育の認定団体を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる