本園の特徴

堀金地区は西に北アルプスの常念岳を間近に仰ぎ、静かな田園地帯で自然に恵まれており、散歩をしながら、草花小動物の観察、地域の方々とのふれあいもできる豊かな環境に恵まれている。
園の特徴としては、一時預かり保育、未就園児園庭開放、地区保育ボランティア(入園当初の保育ボランティア)、地区老人会他ふれあいボランティア(畑おこし、さつま芋植え、七夕まんじゅう作り、焼き芋会、物づくり)、子育て講演会(土曜保育参観日)、大規模園の学年の交流。
異年齢の交流を保育活動の中で取り上げて行事を立案し、多くの子どもたちとのふれあいの中で豊かな経験を積み上げることを大切に保育をする。
また、日々の中で体を動かし、意欲的に伸び伸びと遊べる環境を整える(広い園庭での遊具、砂場、泥んこ、かけっこ、サッカー、ドッチボール等、季節や発達に合わせて体験を意図的意または自由に行う)、外部指導者による運動遊び、サッカー体験遊びの導入、竹馬、竹ぽっくり等での感覚統合、体力づくりの励行。

News

ニュースはありません

もっと見る

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

土 植物・生物 人・地域 食 おおきくなーれ!

2021年7月9日

テーマ:
土/植物・生物/人・地域/食
年 齢:
4歳児
ねらい:
・にんじんの栽培を通して、身近な植物や食に対する興味、関心を育んでいく。
・友だちと共に変化に気づいたり生長を喜び合い大切に育てる。

活動内容

自分のペットボトルに絵を描き、

「このくらい?」と保育士に聞きながら土を入れていきます。

「もっとかな~」「まだ(入れて)いいと思うよ」

 

 

土入れが済むと、保育士から渡された小さな種をまいていきます。

小さな種なので落とさないように慎重に、、、。

真剣な表情でいつになく丁寧な手の運びでした。中には種を握りしめた手をパッと広げる

姿も見られました。

 

 

種をまいた後は皆で

「おおきくなあれ!!」

と手を合わせて願いしました。

 

子ども達のきづき

にんじんの種を渡すと、子どもたちから

「ちっちゃい!」

という声が聞こえました。

とっても小さな種なので、本当ににんじんになるの?と少し不安そうな子もいました。

そこで、保育士が早めに種を蒔き芽が出たペットボトルを見せて、

「同じ種をまいたんだよ。」と伝えると

「うわ~すごいね」「もうにんじんなの?」と尋ねたり、驚く様子や笑顔も見られ、

「僕のも芽が出てくるかな!」と芽が出ることに期待がもてたようでした。

実際に触れ確かめている姿も見られました。

食べられるくらいにのにんじんになるといいな~。

 

事例に対する保育者の思い

自分たちで育てることで、日ごろ食べているにんじんがどのように育っていくのかを水くれなどの世話をしていくことで知り、物を育てることの大変さも感じてくれたらと思います。また、自分のにんじんだけでなく友だちのにんじんの生長も気にかけたり共に喜び合えるようしていきたいです。

野菜の苦手な子も多いので、育てていく中で野菜に興味をもち食べてみようとすることにもつながってくれたら嬉しいです。

 

あずみのしりつほりがねにんていこどもえん 安曇野市立堀金認定こども園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 黒岩 貞孔
運営法人 安曇野市
運営法人代表者名 安曇野市長
園の設立日 1961.6.1
認定日 2015.10.13
区分 認定こども園
住所 〒399-8211 安曇野市堀金烏川2280
エリア 中信
お問い合わせ先 TEL : 0263-72-2175 
FAX : 0263-72-8275 
MAIL : kodomoshien@city.azumino.nagano.jp
ホームページ https://www.city.azumino.nagano.jp/site/hoikuen/
定員数 未満児 : 42人 3歳児 : 50人 4歳児 : 79人 5歳児 : 79人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ

自然保育の認定団体を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる