本園の特徴

堀金地区は西に北アルプスの常念岳を間近に仰ぎ、静かな田園地帯で自然に恵まれており、散歩をしながら、草花小動物の観察、地域の方々とのふれあいもできる豊かな環境に恵まれている。
園の特徴としては、一時預かり保育、未就園児園庭開放、地区保育ボランティア(入園当初の保育ボランティア)、地区老人会他ふれあいボランティア(畑おこし、さつま芋植え、七夕まんじゅう作り、焼き芋会、物づくり)、子育て講演会(土曜保育参観日)、大規模園の学年の交流。
異年齢の交流を保育活動の中で取り上げて行事を立案し、多くの子どもたちとのふれあいの中で豊かな経験を積み上げることを大切に保育をする。
また、日々の中で体を動かし、意欲的に伸び伸びと遊べる環境を整える(広い園庭での遊具、砂場、泥んこ、かけっこ、サッカー、ドッチボール等、季節や発達に合わせて体験を意図的意または自由に行う)、外部指導者による運動遊び、サッカー体験遊びの導入、竹馬、竹ぽっくり等での感覚統合、体力づくりの励行。

News

ニュースはありません

もっと見る

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

植物・生物 空・天気 つくる はっぱであそぼう

2021年12月24日

テーマ:
植物・生物/空・天気/つくる
年 齢:
4歳児
ねらい:
・身近な自然に触れ、季節の変化を感じる。
・落ち葉を使って遊んだり、作ったりすることを楽しむ。

活動内容

・11月中旬頃に園庭に葉っぱがたくさん落ちていました。

落ち葉を集めて友達とかけあいっこをしたり

 

葉っぱを手裏剣に見立てて忍者ごっこをしたりしました。

・落ちていた葉っぱを拾ってきました。せっかく拾ったので、お部屋に飾ろうと、ケント紙で作った木に皆で張り付けて秋、冬の木を作りました。

 

子ども達のきづき

・きれいな葉っぱを拾ってきた子どもたちですが、、、、

「葉っぱって(そのままだと)ぱりぱりなっちゃうよね」と言います。

せっかく拾ってきた葉っぱなので、きれいに残しておきたいようです。

「新聞紙に挟んでおくと、きれいなままとっておけるよ、やってみる?」

と保育士が声をかけると早速中へ行って、たくさんの葉っぱを挟んでいました。

おかげできれいな色の葉っぱを使って遊ぶことができました。

 

集めた自然物を使って、自分の服を作りました。

葉っぱの形を見て工夫して、貼ったり、木の実をつけたりして自分だけのオリジナルの服を作ることができました。

事例に対する保育者の思い

秋の季節はあまり長くありませんでしたが、夏から秋、秋から冬への移り変わっていく季節を、葉っぱ1つでも十分に感じたのではないかなと思いました。

今後、更に寒くなり青々とした葉はなくなってしまいますが、冬ならではの自然にたくさん触れ、楽しみながら季節の変化を感じてほしいなと思います。

 

あずみのしりつほりがねにんていこどもえん 安曇野市立堀金認定こども園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 黒岩 貞孔
運営法人 安曇野市
運営法人代表者名 安曇野市長
園の設立日 1961.6.1
認定日 2015.10.13
区分 認定こども園
住所 〒399-8211 安曇野市堀金烏川2280
エリア 中信
お問い合わせ先 TEL : 0263-72-2175 
FAX : 0263-72-8275 
MAIL : kodomoshien@city.azumino.nagano.jp
ホームページ https://www.city.azumino.nagano.jp/site/hoikuen/
定員数 未満児 : 42人 3歳児 : 50人 4歳児 : 79人 5歳児 : 79人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ

自然保育の認定団体を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる