植物・生物 🍀ウワッ!! カマキリ シャー

2022年10月18日

テーマ:
植物・生物
年 齢:
4歳児
ねらい:
・カマキリの自然な生態を知る。
・様々な生き物に関心を広げる。

活動内容

ダンゴ虫 カマキリ トンボ アメンボ ハサミ虫 ワラジ虫 あり等々、日頃からむし好きなクラス、りす組さん。4歳児。中でも一番人気のカマキリのリズムを運動会で披露してくれました。

「カマキリ・シャー!!」の掛け声とともにカマキリポーズがお気に入り。運動会後も園児全員で踊り、楽しみました。

運動会後のある日、N保育士が保育園の窓ガラスにいたカマキリを見つけ飼育箱入れました。

子「カマキリがいる!」子「かっこいい!」

その時です。子どもたちが見ている目の前で、大きなカマキリがもう一匹のカマキリをガシッと掴み、ムシャムシャと食べだしたのです。目の前の光景に、目を丸くしとた子どもたち。そのうち、ポロッとカマキリの手が落ち、頭が落ち・・「うわぁ、なんという光景・・」

「帰る前に飼育箱を見たら、なんにもなかった・・」と年長さん。残酷だけどそうなんですね。

 

子ども達のきづき

子「他のクラスにも教えよう。みんな来てー」小さいクラスの子もやってきました。図鑑を広げる子もいました。子「(図鑑を指さし)。これだよ。おんなじだ!」

事例に対する保育者の思い

自然によって子どもたちは様々なことを学びます。楽しいことやうれしいこともたくさん経験します。また、今回のようにカマキリが仲間を食べてしまうような残酷なこともお話しの中の出来事ではなくて実際にあることを知りました。びっくりしたけど、かわいそうなことだけど、自然の摂理があることも知りました。貴重な体験です。感じることは、その子によって様々だけど、そういったことにも目を背けず、自然と向き合いその中で成長していってほしいと思います。私たち保育者はいつでも子どもたちの味方、応援者です。

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

さくしりつなかごみだいいちほいくえん 佐久市立中込第一保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 副園長 : 保科美代子
運営法人 佐久市
運営法人代表者名 佐久市長
園の設立日 1951.4.1
認定日 2015.10.13
区分 保育所
住所 〒385-0051 佐久市中込3-24-5
エリア 東信
お問い合わせ先 TEL : 0267-62-0644 
FAX : 0267-62-0644 
MAIL : n-daiichi-hoiku@city.saku.nagano.jp
ホームページ https://www.city.saku.nagano.jp/kenko/kosodate/hoikushisetsu/nakagomi1.html
定員数 未満児 : 28人 3歳児 : 20人 4歳児 : 21人 5歳児 : 21人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ