土 植物・生物 人・地域 食 じゃがいも掘り

2021年8月18日

テーマ:
土/植物・生物/人・地域/食
年 齢:
5歳児
ねらい:
・植物が生長していく様子を観察し過程を知り、育っていくことを喜ぶ。
・自分たちで育てた野菜を収穫する喜びを味わう。
・同じ植物でも大きさや形、重さなどが異なることに気付き、実際に持って肌で感じる。

活動内容

4月 道の駅に買いに行って、あおきっこ広場の畑に植えたじゃがいも。

順調に生長し、7月28日にみんなで収穫をしました。

 

残っていた茎の部分を引っ張って抜こうとしたいり、土を掘ってみたり。

すると…

出てきました、たくさんのじゃがいも!

 

みんな「あったー!!」興奮して、見つけてはとり、見つけてはとりして、

いっぱい収穫することができました!

 

 

畑でとれたじゃがいもは、ふかしてもらい

給食で食べました。

「これ、〇〇がとったおいもかな~?」「おいし~い!」

なんて話ながら、うれしそうに笑顔ホクホクの子どもたちでした。

子ども達のきづき

採れたじゃがいもにもいろいろとあり、

「見てー!こんなちっちゃいの!」「赤ちゃんのじゃがいもー!」

と大きさの違いに気付いたり、

こんな面白い形のおいもを見つけたり、いろいろな発見がありました。

「これは、なんの形かな~?」

 

 

じゃがいも掘りのことを絵に描く活動も行いました。

実際に掘ったじゃがいもを机の上に置き、じっくり観察。

「土がまだついてる!」

「色が違ってる!」

「ひげが生えてる!」

と、改めてよーく見てみることで、新しい発見が得られたようでした。

事例に対する保育者の思い

4月に自分たちで種芋を購入するところからスタートしたこの活動。

種芋を畑に植え、あおきっこ広場へ遊びに行く度に葉が茂っていく様子を見て、

そして今回、いよいよ収穫を体験することができました。

お店で購入するだけではわからない、”じゃがいもはどうやって出来るのか”

ということを、実体験として知ることができ、

子どもたちにとって多くの発見がある活動になったのではないかと思います。

 

このように、実際に経験しなければわからないことはたくさんあり、

それらは、これから就学後の学習の場面でも必ず活きてくると思います。

小学校入学までの残り数か月。これからも、子どもたちには五感を使い、

いろいろなことを感じ、発見できる活動を行っていきたいです。

あおきむらほいくえん 青木村保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 成沢亮子
運営法人 青木村
運営法人代表者名 青木村長
園の設立日 1961.4.1
認定日 2018.10.31
区分 保育所
住所 〒389‐1601 青木村大字田沢3294
エリア 東信
お問い合わせ先 TEL : 0268‐49‐2063 
FAX : 0268‐49‐2063 
MAIL : hoikujo@vill.aoki.nagano.jp
定員数 未満児 : 33人 3歳児 : 38人 4歳児 : 42人 5歳児 : 42人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月、火、水、木、金
基本開所時間 7時~19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ