植物・生物 水 雪遊びで見~つけた!

2021年3月2日

テーマ:
植物・生物/水
年 齢:
3,4歳児
ねらい:
・冬ならではの遊びを楽しんだり、自然の中での発見を楽しむ。

活動内容

大雪が降った翌日。緑地公園に遊びに行きました。

「わーい、雪いっぱいある~!」「そりですべりたーい」

子ども達は早速、そり滑りを始めました。

 

そりの跡を滑ると、長く滑れることに気付いた年中児。

「ここ、長く滑れるよ」と年少児に教えたり「ここまで滑ったよ!最高記録!!」と少しでも長い距離を滑ろうと、何回もチャレンジしたりしていました。

 

「引っ張ってあげるよ」

頑張っていますがなかなか進みません。ファイト!

 

木のつるがからんでいるところに雪がどっさり積もっていました。

まあるく積もった雪はふわふわ。

「冷たいけど気持ちいい~」

 

小さい小さい“つらら”を発見!

「あっ、つららがついてる」「ちっちゃい赤ちゃんつらら」

 

木のつるがからんだ先から雪解け水がつたい、あちこちにつららができていました。

「ハートのつらら、見~つけた❤」

 

ふと、下を見ると・・・「これ、なんだろう?」

引っ張ってみると・・・・

 

「大きなかぶじゃない!?」

「うんとこしょ!どっこいしょ!」「手伝って~」

大きなかぶごっこが始まったようです。

 

「うんとこしょ!どっこいしょ!」

 

「とれたー!!」

かぶは抜けなくてもつるがとれて、大満足でした。

子ども達のきづき

長くそり滑りできる場所を発見!

とても小さい赤ちゃんつららを発見!

雪が丸く積もっていると、大きなかぶみたい!

 

事例に対する保育者の思い

冬の自然の中で、小さい“つらら”を見つけたり、丸く積もった雪を“かぶ”に見立てて遊んだり、色々な発見を楽しめたお散歩でした。つるを引っ張っての大きなかぶごっこは、年少児の楽しみ会の劇遊びを思い出したのでしょう。

そり遊びでは、一緒に滑ったり遊んだりして交流をする中、4歳児が3歳児に教えてあげたりする姿が見られました。これからも遊びの中で、異年齢の交流を深めたり、散歩で様々な発見を楽しんだりしていきたいと思います。

ながのしかもほいくえん 長野市加茂保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 石田 正路
運営法人 長野市
運営法人代表者名 長野市長
園の設立日 1954.4.1
認定日 2019.9.13
区分 保育所
住所 〒380‐0873 長野市新諏訪1丁目11‐31
エリア 北信
お問い合わせ先 TEL : 026‐232‐7064 
FAX : 026‐232‐7064 
MAIL : kamo-hoiku@city.nagano.lg.jp
定員数 未満児 : 人 3歳児 : 人 4歳児 : 人 5歳児 : 人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月、火、水、木、金、土
基本開所時間 7時30分~18時30分
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ