土 水 空・天気 人・地域 つくる 雪が降ったよ

2021年1月7日

テーマ:
土/水/空・天気/人・地域/つくる
年 齢:
3・4・5歳児
ねらい:
・雪や氷に触れて遊び不思議さを感じる。
・発見して気が付いた事を友だちや保育士に伝え遊びに取り入れて楽しむ。

活動内容

 

園庭に薄く積もった雪を見つけて大喜びの子ども達。

元気いっぱいに外へ出かけて行きました。手にはバケツにスコップ、お茶碗も持っています。

さて、何を作ろうかな?

バケツに雪をたくさん集めて・・・

 

「アイスクリーム屋さんですよ。」「バニラ、クッキー&クリーム、チョコミント、どれにしますか~。」

こちらではバケツをひっくり返して・・・「ケーキみたい!」

木の枝をロウソクに見立てて・・・「今日、先生の誕生日ね。ケーキどうぞ!」

 

型抜きで小さな雪のトッピングができました!

氷の上に乗せて・・・アイスケーキの出来上がり!!

 

 

雪にお絵かきしたよ。

机の上のシャリシャリしたところにも絵がかけたよ。「おもしろい!」

雪に道ができたよ!「こっちこっち!」

氷を運んで・・・

トントン叩いたら・・・

割れた!!

「かきごおり屋さん、始めるよ~!」

 

子ども達のきづき

大きな氷のかたまりを見つけてうれしそう!

「見てみて~!大きいでしょ!」 「手が冷たい!!」

「雪でもお絵かきできるんだね。」「透きとおっているのに雪みたい。」

触ってみるとおもしろい感触!!

雪や氷を触ってみると冷たさや、同じ雪でも白いもの、透き通って見えるもの、溶けかけているもの、見た目、感触など様々な違いに気が付きます。

たくさん雪を集めて冷たい落とし穴作るんだ!

爪のあるやつだと集めやすいんだよ。

友だちと一緒に集めるとたくさん集まります。

「手伝って!」「こっちで雪たくさんとれるよ。」と、友達同士声をかけながら協力して遊びます。

事例に対する保育者の思い

わずかに積もった園庭の雪でたくさん遊んだ子ども達。土と混ぜることで見えてくるもの、想像できるもの、葉っぱや砂を加えて色々な物に見立てて遊んでいました。

異年齢との関わりだからお兄さん、お姉さんのまねをしながら気づいた遊び方もあったのではないでしょうか。

雪を固めるとケーキのようになる事、スコップで切ると小さなかたまりになる事、また氷のかたまりを小さくして並べてみるとことで氷の性質や溶けることなどを手で触り感触を知り、見て感じる事のできた雪遊びでした。

年長さんの女の子が「雪が降ったのに、なんでつららができないんだろう?」と不思議そうに尋ねてきました。

昨年つららができた事を思い出したのでしょう。

雪遊びを通して水・氷・雪などの自然から生まれる事象に気づき、発見した喜びを感じられるよう保育士も一緒に気づきを共感しながらこれからの寒さの中たくさん遊んでいきたいと思います。

女の子は、どうやってつららができるのか…知るのはこれからですが、そんな小さな「なんで?」が、今後の学びにつながっていくのではと思います。

あずみのしりつにしほたかにんていこどもえん 安曇野市立西穂高認定こども園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 三好 廣美
運営法人 安曇野市
運営法人代表者名 安曇野市長
園の設立日 1955.4.1
認定日 2015.10.13
区分 認定こども園
住所 〒399-8304 安曇野市穂高柏原5217
エリア 中信
お問い合わせ先 TEL : 0263-82-5651 
FAX : 0263-82-7252 
MAIL : kodomoshien@city.azumino.nagano.jp
ホームページ http://www.city.azumino.nagano.jp/kurashi/kosodate/hoiku/renrakusaki/ninkahoikuen.html
定員数 未満児 : 42人 3歳児 : 59人 4歳児 : 60人 5歳児 : 73人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ