植物・生物 空・天気 穂高荘へ冬の探検に行こう!!

2018年1月12日

テーマ:
植物・生物/空・天気
年 齢:
3歳児
ねらい:
・冬の自然に触れる。
・冬の寒さや冷たさ、雪の感触を友だちと共有しあう。

活動内容

初めての雪、うっすら白くなった庭を見て大喜びの3歳児です。今日は、雪の穂高荘へお出かけです。初めて着るスキーウェアー上手に着れたかな?「雪の日の散歩楽しみ!」「ワクワクするね!」と張り切っています。

「雪の道楽しいね。」「スキーウェアーを着ているから寒くないよ!」初めての雪の道、友だちと一緒に歩きます。

有明山も雪雲で隠れて今日は見えません。「寒いね。」「風が冷た~い。」と冬の自然を肌で感じながら、雪の日の散歩を楽しんでいます。

そりがなくてもお尻で滑れることを発見しました。子ども達は、どこでも遊び場にしてしまいます。

子ども達のきづき

「先生なんか音がするよ。何だろう?」男の子が気づきました。みんなで耳を澄ませます。「きっと雪の音だよ!」大発見です

「雪の葉っぱを見つけたよ。」と喜んでいる女の子です。

「誰の足跡かな? 」「熊」「うさぎ」「ねこ」「りす」「ぞう」など、 誰の足跡かみんなで考えます。

雪がブーツの裏に付き、足を持ち上げると足形ができました。「わー、僕の足跡が付いた!」と驚く男の子。雪に触れ不思議さを感じた瞬間です。

事例に対する保育者の思い

「まつぼっくりみつけた。」一面の雪原の中で、まつぼっくりを発見!!秋の間親しんだ木の実を見て、嬉しそうです。

雪の上に寝そべり「冷たーい。」と喜ぶ男の子です。全身で大地を感じています。

「私の足。」と上手く足形が取れたので、見せてくれた女の子。ここでも雪の不思議さを経験することができました。

「見て見て、大きな雪玉ができた!」「雪だるまにしよう!」雪で遊ぶことで、冬の寒さや冷たさを感じ、秋とは違う季節の移り変わりを感じていると思います。今回は、少ない雪での遊びでしたが、大雪での遊びも経験することで、より一層大胆な遊びが経験できるように願っています。

あずみのしりつありあけのもりにんていこどもえん 安曇野市立有明の森認定こども園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 渡辺 寿美子
運営法人 安曇野市
運営法人代表者名 安曇野市長
園の設立日 2009.9.17
認定日 2015.10.13
区分 認定こども園
住所 〒399-8301 安曇野市穂高有明2105-274
エリア 中信
お問い合わせ先 TEL : 0263-83-2104 
FAX : 0263-83-2104 
MAIL : kodomoshien@city.azumino.nagano.jp
ホームページ http://www.city.azumino.nagano.jp/kurashi/kosodate/hoiku/renrakusaki/ninkahoikuen.html
定員数 未満児 : 27人 3歳児 : 26人 4歳児 : 40人 5歳児 : 40人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ