本園の特徴

園庭に、合歓の大木が2本あります。大きく枝を張り、葉を茂らせ、夏はピンク色の花を見事に咲かせています。園庭での活動は、この合歓の木の四季とともにあります。
春には、合歓の木から落ちた種から小さな芽が発見できます。夏には、木陰で涼をとったり、幹や根元に集まる虫探しをしたりしするのも楽しみです。
秋になると、葉の茎を拾い集めてほうき作りに夢中になり、晩秋には、種を見つけて拾うことを楽しみます。合歓の木の変化とともに、四季を感じることができます。
園舎の周りは、果樹園や田畑に囲まれ、近くに平尾山、遠くには浅間山が眺められます。寺社も点在しています。神社やお寺の境内など、近所や地域を散歩しながら出かけています。
近所の人と気持ちの良い挨拶を交わし、地域の人と触れ合うことで様々な仕事や役割があることに気づくことができます。
地域特産の果樹や野菜、花をいただく機会も多くあり、地域の人に支えられて生活していることを知り、感謝の心を育てることも大切にしています。穏やかな自然と地域の人に囲まれた保育園です。

News

ニュースはありません

もっと見る

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

土 水 🍑泥んこ楽しいな!

2020年6月12日

テーマ:
土/水
年 齢:
年少組
ねらい:
泥と水の感触を楽しむ

活動内容

6月

園の砂場で初めての泥んこあそび。泥遊び用の洋服に着替えて始めます。

まずは年長さんに砂場に水を運んでもらい‥

足にかかって気持ちよさを味わっていると、なんと足下には泥んこができてる!

全身で水や砂や泥の感触を確かめながら、それぞれ遊びが広がります。

泥の中に手を入れニコニコしながらくりかえし行っている子、水たまりから川や池になったものを更に大きくしようとシャベルを使って広げる子など、各々夢中になって遊んでいる姿が見られます。

最後は池もこんなに広がり、全身泥んこの子もたくさん!

これからもっともっと遊びこんでいきます。

 

 

 

 

子ども達のきづき

「冷たくて気持ちいい!」「(水と混ざった泥が)トロトロってしていておもしろい」「どんどん川が広がって大きくなったよ。もっと大きくしたいな」「また明日もやりたいな」と活動を楽しむ声が多くをしめる中、「ドロドロしていてなんか苦手なんだけど‥」とほかの子の遊ぶ姿をじっと見ていて、最後にちょこんと泥んこをさわった子のつぶやきもあり‥。泥んこあそびは今日がはじめての経験という子も多く、感じ方はほんとにそれぞれです。

事例に対する保育者の思い

泥んこ遊びは不思議で奥が深いものです。どのようにも変化して、どのようにも遊ぶことができる。そこにこの遊びの魅力があり、だからこそこの幼児期に泥んこの感触を心ゆくまで味わって遊んでほしいと思いがあります。ただ、泥あそびがはじめてという子の中には、泥の感触を好まない姿があるのも当然かなと感じます。なので焦らず、しかしこの遊びを設定した理由を保育者がしっかりと心に持ち、興味を持てるような手だてを行いながら日々一緒に楽しんでいきたいと思っています。

さくしりつひらねほいくえん 佐久市立平根保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 土屋 美知
運営法人 佐久市
運営法人代表者名 佐久市長
園の設立日 1962.6.2
認定日 2015.10.13
区分 保育所
住所 〒385-0002 佐久市上平尾847-3
エリア 東信
お問い合わせ先 TEL : 0267-67-2094 
FAX : 0267-67-2094 
MAIL : hirane-hoiku@city.saku.nagano.jp
ホームページ https://www.city.saku.nagano.jp/kenko/kosodate/hoikushisetsu/hirane.html
定員数 未満児 : 16人 3歳児 : 28人 4歳児 : 28人 5歳児 : 28人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時00分
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ

自然保育の認定団体を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる