本園の特徴

・自然に囲まれた園舎の西側には“ろんでん沢”があり、自然や人に関わると共に身体を鍛えます。
・中山間地の小規模園ならではの特徴を生かし、異年齢で関わりながら自然に遊びます。
・保小中高が連携し、それぞれの児童生徒職員が交流して互いの理解を深め、継続的・発展的な教育展開を行います。

News

ニュースはありません

もっと見る

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

土 植物・生物 水 人・地域 おたまじゃくしつかまえたぞ!

2022年6月16日

テーマ:
土/植物・生物/水/人・地域
年 齢:
5歳児
ねらい:
自分たちで考えて作った道具を使ってオタマジャクシを捕まえる。
地域の方との交流を深める。

活動内容

子ども達のきづき

「どうしたらおたまじゃくしつかまえられるかな」じぶんたちで一生懸命かんがえたよ。年中さんの時はつかまえられなかったけど、年長さんになったらつかまえられたんだ。「さっと手をうごかす」「静かにまつ」つかまえることができてうれしかった!

たんぼの持ち主のTさんに「捕まえにいってもいいですか」って手紙を書いたら「稲が少し大きくなったらいいよ」と返事をもらえたよ。Tさんに応援してもらえてうれしかったな。

事例に対する保育者の思い

昨年度、経験したTさん宅の田んぼでのおたまじゃくし捕まえ。昨年は「できない」「やって」と捕まえられなかったのですが、今年は「どうしたら捕まえられるか」「どんなものを使えばいいか」「どうつくるのか」クラスでみんなで話し合い、いざたんぼへ!

道路の向こう側から手を振り子どもたちの到着を待ってくれていたTさん。一人一人とハイタッチで歓迎してくれました。また以前、子どもたちが出した手紙を大切に持っていてくれ「うれしかったよ」と話してくれました。子どもたちがペットボトルを持っているのを見ると柄杓で水を汲んでくれたり子どもたちが捕まるのを嬉しそうに見守ってくれていました。

自分たちで工夫して作った「秘密兵器」でオタマジャクシを次々と捕まえ「捕まえた!」と大きな歓声が田んぼに響きました。昨年は捕まえることのできなかったのですが、今年は大漁!子どもたちの成長を感じました。夢中になっていると靴が汚れたり、田んぼに足が入ってしまったり。そんな子どもたちの姿をみてTさんが足や靴下、靴を洗ってくださり子どもたちは無言でしたが温かいTさんの気持ちを感じているようでした。

自分で捕まえられた満足や自信を感じている子どもたちでした。

ながのししんしゅうしんまちほいくえん 長野市信州新町保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 小林 加代子
運営法人 長野市
運営法人代表者名 長野市長
園の設立日 2001.3.27
認定日 2016.10.12
区分 保育所
住所 〒381-2406 長野市信州新町里穂刈423-1
エリア 北信
お問い合わせ先 TEL : 026-262-2316 
FAX : 026-291-2119 
MAIL :
ホームページ
定員数 未満児 : 9人 3歳児 : 14人 4歳児 : 8人 5歳児 : 13人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月、火、水、木、金、土
基本開所時間 7時30分~18時30分
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ

自然保育の認定団体を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる