本園の特徴

当園は、園内に思うように畑が作れず、花の咲き終わった花壇を利用して野菜を植えるなどして子ども達には関心を持たせています。それに加え隣接した農業高校や養護学校との交流を通して野菜・花・動物へも身近に感じる環境を作っています。なかなか自然に触れる機会も少ない立地条件から、園外保育に行ったり自由遊びの時間には園庭にある木や実などの採集も積極的に行っております。

News

ニュースはありません

もっと見る

水 空・天気 雨降り探検に行こう!

2019年8月8日

テーマ:
水/空・天気
年 齢:
5歳児
ねらい:
雨の日ならではの発見や様子に気づき、興味や関心をもつ。

活動内容

春の遠足が雨で中止になったとき、子どもたちから「カッパがあれば外に行けるのにね…」という声があがりました。

そこで家からカッパを持ってきてもらい、雨になったら外に出てみよう!と約束しておきました。遠足ではガッカリだった雨を心待ちにし、降った日には「今日外行く!?」と楽しみに登園してきた子どもたち。

早速カッパを着て、雨の中園内探検へ。園舎の周りを一周したり、園庭やプールの中も覗いてみました。

子ども達のきづき

雨に濡れて光っているドングリを見つけて「ドングリがつるつるになってるよ!」。

プールでは、打ち付けられた雨がドームのようになっては消える様子を見て「プールの中にしゃぼん玉がいっぱいできてる!」と発見した子どもたち。

「カエルいるかな?」「カタツムリは?」と、折り紙で作った季節の小動物や虫を探す姿もありました。

雨が強くなってくると「おうちに逃げろー!」と、屋根付きの遊具へ。

見慣れた園の中でも、雨の日にはいつもとは違う遊びを発見したり、楽しさがあることを感じた様子でした。

事例に対する保育者の思い

雨が降るとガッカリしている子どもたちですが、雨の日の良さを感じてもらえたと思います。

また、雨の日の自然の様子にも気付くことができました。

あずみのしりつとよしなにんていこどもえん 安曇野市立豊科認定こども園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 二木 由美
運営法人 安曇野市
運営法人代表者名 安曇野市長
園の設立日 1953.4.18
認定日 2015.10.13
区分 認定こども園
住所 〒399-8205 安曇野市豊科4553-15
エリア 中信
お問い合わせ先 TEL : 0263-72-2305 
FAX : 0263-72-2305 
MAIL : kodomoshien@city.azumino.nagano.jp
ホームページ http://www.city.azumino.nagano.jp/kurashi/kosodate/hoiku/renrakusaki/ninkahoikuen.html
定員数 未満児 : 21人 3歳児 : 38人 4歳児 : 45人 5歳児 : 46人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ

自然保育の認定団体を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる