植物・生物 空・天気 人・地域 食 かぼちゃ ありがとう

2022年9月12日

テーマ:
植物・生物/空・天気/人・地域/食
年 齢:
3.4.5歳児
ねらい:
・子ども達の気づきに共感しながら、散歩を楽しむ。
・かぼちゃに触れることで、形や重さなど様々な発見をする。

活動内容

先日、地域の方より「畑にかぼちゃがあるので、よかったら採りにきてください」と、連絡をいただきました。

今日は秋晴れのよい天気。

たんぽぽ・ばら・ゆり組で、畑に行きます。

「どのくらいの かぼちゃかなぁ?」

「たのしみだね~」

 

畑に着きました。

「あれ?なにかかいてあるよ」

 

「おおさわほいくえんさまって かいてある」

「ここのかぼちゃをとっていいんだね」

 

まずは、ゆり組(5歳児)から・・・

 

「これにしようかな」

 

ばら・たんぽぽ組(4.3歳児)も・・・

「このかぼちゃ おもいね」

「どっちが おおきいかなぁ?」

 

皆で畑にお礼をして、帰ります。

「かぼちゃ ありがとうどざいました」

「また くるね~」

「かぼちゃスープにしたら おいしいね」

「かぼちゃカレーもいいね」

 

 

保育園に戻ったゆり組が・・・

「『かぼちゃ ありがとう』って てがみをかいたら きづいてくれるかなぁ?」

「みんなで かこうか!!」

 

ステキな手紙が出来上がったので、また畑に届けに行くことにしました。

今度は帰り道に歩いた道を、行きに歩くことにしました。

「あれ?さっきさいていたあさがおが しぼんでるよ」

 

「これは なにができるでしょうか?」

「・・・かぼちゃ!!」

「せいか~い」

「さっきとったかぼちゃは うえにあったけど このかぼちゃは

つちのところだね」

「きいろい はながさいてるね」

話しながら歩いて行くと、あっという間に畑に着きました。

「どこにてがみをおいたら きがつくかなぁ?」

高速道路の下の日陰で、ちょっと休みながらゆり組会議。

 

 

子ども達のきづき

「かぜがあるから とばないよにしないとね」

「ひもでしっかり しばればいいんじゃない」

 

「かぼちゃ ありがとうございました」

事例に対する保育者の思い

地域の方のご厚意で、かぼちゃを収穫させていただいたことで、畑や往復の道で様々な発見がありました。これからも地域の方との繋がりを大切にし、様々な自然体験をしたいと思います。

さくしりつおおさわほいくえん 佐久市立大沢保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 尾方 順子
運営法人 佐久市
運営法人代表者名 佐久市長
園の設立日 1955.6.1
認定日 2015.10.13
区分 保育所
住所 〒385-0045 佐久市大沢789-1
エリア 東信
お問い合わせ先 TEL : 0267-62-1128 
FAX : 0267-62-1128 
MAIL : oosawa-hoiku@city.saku.nagano.jp
ホームページ https://www.city.saku.nagano.jp/kenko/kosodate/hoikushisetsu/osawa.html
定員数 未満児 : 15人 3歳児 : 10人 4歳児 : 10人 5歳児 : 10人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時00分
延長保育の有無
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ