土 植物・生物 水 食 育てた野菜でカレーを作って食べよう!

2022年9月5日

テーマ:
土/植物・生物/水/食
年 齢:
5歳
ねらい:
自分達で育て収穫した野菜をクッキングし、味わう。

活動内容

春に畑に植えたじゃがいも、プランターに種をまいたミニニンジンが育ち、穫りごろになったので収穫をしました。

しっかりした茎を両手で握って引っ張ると、たくさんの芋がくっついて抜けてびっくり!
「まだかくれているかも!」
と、夢中になって土の中を掘り続け、やまのように穫れたじゃがいもを見て、ほくほく顔です。

 

自分で育てたミニニンジン。
そっとぬいてみると、かわいいニンジンが しゅるっと出てきて、思わず笑顔に。

「毛(根っこ)がもじゃもじゃしてる。」「なんかぼつぼつしているね。」「洗うとつるつるになった!」と、みんなできれいに洗いました。

そして、自分達で育てたじゃがいもを切って、カレーに入れてもらい、カレー会をしました。
初めて包丁を握るという子もいて、顔も手も緊張でカチカチ・・・になりつつも
慎重に…ゆっくり…じゃがいもを切りました。

子ども達のきづき

土の中は見えなくて「大きくなってるかな・・・」「ちゃんとできているかな・・・」と心配だったけれど、引っ張った時の実や根が抜ける感触、大きいものや小さいものがたくさん出てきた驚きはひとしお。


収穫したものを触って、洗って、運んで、料理して・・・

だからこそ、においや重さ、ザラザラ、ツルツルなど、たくさんの事を感じました。

 

そうしてできたカレーは

じゃがいもは「やわらかーい!!」 ニンジンは「甘い気がする!!」と、いつも以上においしく感じられた様です。
他の学年の子たちからも「作ってくれてありがとう」と言われ、じゃがいもよりもほくほくの笑顔のお兄さんお姉さんでした。

 

事例に対する保育者の思い

種芋や種から育てることで、野菜の生長、大きくなる喜びや大変さを実感し、より 収穫する喜びや楽しさを大きくしたようです。
普段土に触ることに抵抗のある子が夢中になって土を掘る姿、苦手な野菜を笑顔で口に運ぶ姿に、実体験が何より子どもの心を育てる事を感じました。

 

あずみのしりつみさとなんぶにんていこどもえん 安曇野市立三郷南部認定こども園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 滝沢 真紀
運営法人 安曇野市
運営法人代表者名 安曇野市長
園の設立日 1984.4.1
認定日 2015.10.13
区分 認定こども園
住所 〒399-8102 安曇野市三郷温60-1
エリア 中信
お問い合わせ先 TEL : 0263-77-2900 
FAX : 0263-77-2900 
MAIL : kodomoshien@city.azumino.nagano.jp
ホームページ http://www.city.azumino.nagano.jp/kurashi/kosodate/hoiku/renrakusaki/ninkahoikuen.html
定員数 未満児 : 24人 3歳児 : 60人 4歳児 : 60人 5歳児 : 60人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ