土 植物・生物 食 🌾夏野菜が取れました♪

2022年8月26日

テーマ:
土/植物・生物/食
年 齢:
全年齢
ねらい:
・自分達で植えた野菜を収穫する。
・野菜の生育に気づく。
・収穫した野菜の味を知る。収穫した野菜を味わう喜びを感じる。
・野菜の葉や茎の形、におい、を感じたり、そこに来る生き物に気づく。

活動内容

今年も、色々な野菜の苗や種子から育て、ぐんぐん大きくなってきました。

特にミニトマトは年長児から未満児まで各学年の畑にあり、今年も色とりどりに実りましたよ。赤はもちろん、黄色、オレンジ。

子ども達も「こっち。」

「私は黄色!」「赤も」と味わいました。

 

未満児も、「こっち!」「トマト?食べる~!」

と嬉しそうに選び一口・・・・・入れたはずが、すぐ出してしまう子どもも。イメージした味と違ったかな?

「おいしー」「おかわりいる?」と聞くと、うなずき沢山食べる子どももいました。

 

夏の味ですね。

 

年長児、年中児は

日中や延長保育時間に畑をじーっと見て、何やら探しています。

耳を澄ますと・・・「いないね」「どこかな」

何かを探しているようです。「何を探しているの?」と聞くと、

“カエル”!!

畑は、私たちに美味しい味だけでなく、生き物など様々な体験をさせてくれています。

 

まだまだ、ミニトマトもカエルも堪能できます。

 

子ども達のきづき

・色の違いに気づく

・甘い、酸っぱい、温かい、冷やしたトマトは冷たいなどを感じていた。

・色や味の違いに気づき、自ら選んで食べたり、トマトを自分で収穫することで、収穫の仕方を知る。

・野菜に来る生き物に気づく。

事例に対する保育者の思い

あさしな保育園には各学年で畑を作り、育てたい作物を子ども達と決めます。どの年齢の子ども達も、普段の生活の中で自然と畑に実る野菜や花壇の花に触れたり気づいたり収穫したりする環境を大切にしています。

その中で、青いトマトを取ってしまう子どももいますが、「青いトマトはまだ食べられないから取らないんだよ」と声をかけると、年長児がまだわからない未満児や年少児へ教える姿もあります。

畑活動を通して、食物のでき方や収穫など様々なことを体験し、知ることができます。今年の夏ももうすぐ終わりですが、まだ実っている畑の作物も楽しみに過ごしています。

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

さくしりつあさしなほいくえん 佐久市立あさしな保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 寺尾 明美
運営法人 佐久市
運営法人代表者名 佐久市長
園の設立日 2006.7.14
認定日 2015.10.13
区分 保育所
住所 〒384-2103 佐久市御馬寄715-1
エリア 東信
お問い合わせ先 TEL : 0267-51-5005 
FAX : 0267-51-5025 
MAIL : asashina-hoiku@city.saku.nagano.jp
ホームページ https://www.city.saku.nagano.jp/kenko/kosodate/hoikushisetsu/asashina.html
定員数 未満児 : 50人 3歳児 : 33人 4歳児 : 33人 5歳児 : 34人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ