植物・生物 水 人・地域 食 つくる ペットボトルバケツで水やりをしたよ

2022年8月10日

テーマ:
植物・生物/水/人・地域/食/つくる
年 齢:
3歳児
ねらい:
・自分のペットボトルバケツで野菜を育てることを楽しむ。
・育てた野菜を収穫して食べる喜びを感じる。

活動内容

 

以上児みんなで畑に行ったとき、きりんさんとうさぎさんがペットボトルバケツを使っているのを見たりすさん。

僕たちもバケツで水やりをしたい!とその日はペットボトルバケツを貸してもらいました。

 

 

それからもずっと「バケツほしい!」と子どもたち。

じゃあみんなも作ろう!ということでお家で一緒に作ってもらいました。

 

 

私のってわかるように絵をかきたい!ということでマジックで自由に色を塗り

 

1つだけのオリジナルペットボトルバケツができました。

 

次の日の朝、バケツに水をためておくと…

 

登園してきた子から「お水をあげたい!」と自分のペットボトルバケツを取り出して水を汲み

 

りすぐみで育てているミニトマトに水やりをしてくれました。

 

それを見ていた他の子もやってきて「大きくなあれ」と水やりが始まりました。

 

「こっちにもあげようよ」と隣のきゅうりのプランターにも水やりをしてくれて

 

気づけば水やりの行列ができていました。

 

「きゅうりも大きくなあれ」とたくさん水をあげました。

 

 

水やりをしていると、「先生!トマトが黄色くなってるよ」と発見!!

 

 

そーっと指でつまんで引っ張ると・・・

 

 

「見て~とれた!」

 

 

「こっちにもあるよ」とたくさん収穫できました。

 

「園長先生に見せに行く!!」と収穫したミニトマトを持って大喜びで職員室へ

 

「園長先生ミニトマトとれました!」

給食の先生に届けてもらいました。

 

 

そして給食に自分たちで育てたミニトマトが出ると

 

「食べられるよ!見ててー」と大きな口でパクッ‼

 

じゃーん!みてみて!!

育てたミニトマトだよ

 

 

「おいしいよ」と夢中で食べる姿がありました。

 

 

別の日、水やりをしたきゅうりが給食に出た日も「おいしい!」と

 

カリカリいい音を鳴らしながら食べていました。

 

 

子ども達のきづき

 

 

水を汲みたいけれどバケツにもうちょっとしかないなあ・・・

 

 

 

バケツを持ち上げてみようかな

 

 

 

それを見ていた他の子も、「入れてあげるよ」

 

 

 

「僕にも入れて」

「いいよ」

 

 

「Aちゃんにも入れてあげるね」

 

 

「ちょっとあげる」など自分たちで考え、少ない水を分け合いながら水やりを楽しむ姿がありました。

 

 

事例に対する保育者の思い

 

 

年上のお友達と一緒に生活する中で感じ始めている憧れの気持ち。どんなことでも《うさぎさん・きりんさんと同じようにやりたい!》という気持ちが子どもたちの意欲や経験・気づきに繋がっていくのだなと感じ大切にしていきたいなと思いました。

まだまだ自分が中心の3歳児で〝僕が水やりをしたい!〟という気持ちが強い中でも残り少ない水を分けたり、自分ではなく友達のバケツに水を入れてくれる優しい姿が見られ、友達と一緒に生活する中で相手を想う心も育ってきているのだと嬉しく思いました。

これからも友達や保育士など人とたくさん関わりながら様々なことを考え、経験して力にしていってほしいなと思います。

 

 

あずみのしりつみさとせいぶにんていこどもえん 安曇野市立三郷西部認定こども園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 外山 實代
運営法人 安曇野市
運営法人代表者名 安曇野市長
園の設立日 1974.4.1
認定日 2015.10.13
区分 認定こども園
住所 〒399-8103 安曇野市三郷小倉3484-1
エリア 中信
お問い合わせ先 TEL : 0263-77-2416 
FAX : 0263-77-2416 
MAIL : kodomoshien@city.azumino.nagano.jp
ホームページ http://www.city.azumino.nagano.jp/site/hoikuen/
定員数 未満児 : 15人 3歳児 : 20人 4歳児 : 30人 5歳児 : 30人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ