つくる 「冬を満喫!!」

2022年2月28日

テーマ:
つくる
年 齢:
4歳児
ねらい:
・雪や氷の感触を味わい、冬ならではの遊びを楽しむ。
・友だちとイメージを共有し、協力して作り上げた達成感を味わう。

活動内容

今年初めて園庭に雪が積った日、「みんなでかまくらを作ろうよ。」と雪を集めました。この日の積雪は、わずか2㎝~3㎝。少量のため1時間程かかってできたかまくらは、おひとり様かまくらでした。

「ちいさいけど、しょうがないね。」「今度雪が降ったら何作る?」

「今度は、滑り台作ろう。」「いいね、いいね。」と次に雪の降る日をずっとずっと待っていました。

2月10日、庭一面の大雪に大歓声!「よーし、今日は滑り台だよ!!頑張ろう。」

「こっちに雪持って来て。」「こつちを固めよう。。」「私、階段を作る。」

「できたぞ!!」「そりを持って来よう。」「わーい!よく滑るぞ!!」「もう少し大きくしよう?」

次の日、「私もやりたい。」と年少さんが、そりを持って来ました。「いいよ。」

とそりを押さえて乗せてくれました。

そり屋さんは、大繁盛。次から次とそりを持ってお友だちがやって来ます。年長さんもやって来ました。

「紐をちゃんと持ってね。」「ここ、私が押さえているから、次の方どうぞ。」

滑り台の雪が少なくなってくると、シャベルを持って修理をしてくれました。

「今度、雪が降ったら、大きなかまくら作ろうよ。」と計画しています。

 

子ども達のきづき

「今日の雪は、いつもと違うよ!! 見てサラサラ、ツブツブだよ。」

「太陽みたいでしょ。」

「今日は、バレンタインパーティだよ、みんなでお料理作ってるんだ。」

「タイヤに氷があったよ、繋げてみたらほら丸くなったよ!!」

「あれ、このタイヤは回すと水の音がするよ。」

見て!この氷ダイヤモンドみたいに光っているよ。」

 

 

事例に対する保育者の思い

大人にとっては厄介者の雪だけど、子どもにとっては宝の山。

自分のイメージした物が形になり満足顔です。

また、友だちと一緒に作り上げた達成感は、喜びも倍増します。そんな経験をたくさん味わい、

友だちの良さに気づけたら良いなと思っています。

まだ、雪の残る園の裏山も少しずつ春の気配が感じられるようになりました。

 

あずみのしりつかみかわてにんていこどもえん 安曇野市立上川手認定こども園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 渡辺 寿美子
運営法人 安曇野市
運営法人代表者名 安曇野市長
園の設立日 1956.2.6
認定日 2015.10.13
区分 認定こども園
住所 〒399-8203 安曇野市豊科田沢4917-1
エリア 中信
お問い合わせ先 TEL : 0263-72-2285 
FAX : 0263-71-2601 
MAIL : kodomoshien@city.azumino.nagano.jp
ホームページ https://www.city.azumino.nagano.jp/site/hoikuen/
定員数 未満児 : 15人 3歳児 : 13人 4歳児 : 26人 5歳児 : 26人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ