植物・生物 水 空・天気 雨の冒険に出発だ!

2021年7月9日

テーマ:
植物・生物/水/空・天気
年 齢:
4歳児
ねらい:
・梅雨期の自然を感じ、触れて、楽しむ。

活動内容

「雨の日も外で遊びたい」「カッパ着てればいいじゃん」

と、雨の日遊びを計画し、雨が降る日をまだか・・まだか・・と楽しみにしていました。

そんなある日、朝は止んでいた雨が徐々に降りだしました。

「雨、降ってきた!」「やった~」と大喜びでお気に入りのカッパと長靴を身に着けて

「雨の日の冒険だ!」と園庭へ飛び出していきました。

「♪なっがぐっつ はいてるね ドンドン」

たくさんできた水たまりに大喜び。

長靴や靴が濡れて汚れてもへっちゃら。

 

木を揺らしたら、大きな雨粒が降ってきて「大雨だ!」

 

「バチバチっていったよ」「誰かもっと揺らして~」

「ちょっとここで雨やどりしよう」

「川ができてる!船を浮かべて流してみよう。」

「カエルみつけた!」

「赤ちゃんカエルもいたよ。やっぱりカエルは雨が好きなのかな。」

水たまりで足をばちゃばちゃさせながら

「雨のお水が歌ってるね~」

 

子ども達のきづき

 

「畑が海になってる!」

「お花も濡れてるね」「雨の水、おいしいっていってるんじゃない?」

「これは、水のつららだよ」

「お水のところ、なんかうつってみえるよ。ほら、見て見て」

「土はさあ、濡れてると掘りやすいんだよ。次の雨の冒険の時に入るように掘っておこうっと。」

 

園庭にたくさんできた水たまりを一つずつ覗きながら歩いていた女の子。

みんなが入って遊んだので、茶色く濁ったものばかり。

やっと、探していた水たまりをみつけて、嬉しそうに

「ほら!雨って透き通ってるんだね。」

 

 

事例に対する保育者の思い

この時期にしか体験できない遊びや、雨の日にしか出会えない風景の中で、一人一人が全身でたくさんの事を感じて楽しむことができました。

雨降り、と一言で言ってもカッパで外へ出てみると「しとしと」「ざあざあ」「ばしゃばしゃ」

「ぽつぽつ」などいろんな音や降り方があるのだと気が付く事もできました。

「またやりたい」とまた雨が降るのを待ちわびる声がたくさん聞かれています。

これからも、子ども達の好奇心を掻き立てるような遊びや環境を作っていきたいと思います。

 

あづみのしりつあかしなみなみにんていこどもえん 安曇野市立明科南認定こども園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 西村 由夏
運営法人 安曇野市
運営法人代表者名 安曇野市長
園の設立日 1976.4.1 
認定日 2015.10.13
区分 認定こども園
住所 〒399-7102 安曇野市明科中川手2924-2
エリア 中信
お問い合わせ先 TEL : 0263-62-3955 
FAX : 0263-62-6225 
MAIL : kodomoshien@city.azumino.nagano.jp
ホームページ https://www.city.azumino.nagano.jp/site/hoikuen/
定員数 未満児 : 18人 3歳児 : 40人 4歳児 : 50人 5歳児 : 50人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ