水 空・天気 人・地域 つくる 雪で遊ぼう!

2021年3月2日

テーマ:
水/空・天気/人・地域/つくる
年 齢:
3歳児 4歳児 5歳児
ねらい:
・雪遊びを友だちと思いっきり楽しむ。
・雪の感触十分を感じながら遊ぶ。

活動内容

2月でも、何回か雪が積もりました。

子どもたちは自然に朝から雪と戯れます。

道路に雪がなくても園庭だけはいつも真っ白です。

「そりってたのしいね・・・。」

「このへんがいいかな」

「少しスピードはやくしてみるね」

「ちゃんと、ぼくにうしろにのってよ!」

「わ~、すべる~」

「そりっておもしろいね」

年少の時は、おっかなびっくりで乗っていたのに

今年は友だちとも乗れるようになりました。

「これ、かたいね!」

「おさとうみたいにとれるから、コーヒーのなかに

いれたら、おいしそうだね!」

「こおりやさんでもいいかも!」

「ゆきってかたくなるね・・・」

遊びながらも不思議な発見がいっぱいです。

遊んだ日は夜の降った雪が朝の冷え込みで固まっていました。

12月や1月に雪だるまを作った子どもたち。

少ない雪でも必死に集めて転がしていきます。

かなりの力仕事です。

子ども達のきづき

「おもいよ!」

一人で転がすのが大変になりました。

少し考えて友だちを誘います。

「おもいけど、がんばるか!」

「よいしょ!よいしょ!」

「せんせいさ、したからもちあげるといいって!」

「そうか~、したね!」

「ぼくたちのすごくおおきくなったね!」

先生が「がんばれ!」と応援してくれます。

すると、自然に力が湧いてきます。

友だちも、隣で「がんばろう!」と声をかけ合っています。

友だちと力を合わせること、息を合わせることの大切さを

感じている子どもたちです。

「それ、がんばろう!」

「よいしょ!」

「やっとついたね!」

「がんばった~」

「ふたつつなげてみる?」

「おもくてがったいできないね」

「じゃ、ちいさなゆきだまのせようよ!」

「ぼく、ちいさいののせる」

かわいい雪だるまの完成です。

大きな雪玉、本当に重いです。

事例に対する保育者の思い

冬ならではの遊び、その中にたくさんの自然経験が

詰まっています。

友だちと一緒だから、気づき合える喜びがあります。

大変だけど、頑張り合える力も発揮できる場面もあります。

子どもたちは、雪遊びを楽しみつつ、発見し、自らの経験を

次につなげていける力を持っています。

年長になった時に、小さいクラスの子どもに引き継がれる

雪遊びです。

あずみのしりつありあけのもりにんていこどもえん 安曇野市立有明の森認定こども園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 桑嶋 由起子
運営法人 安曇野市
運営法人代表者名 安曇野市長
園の設立日 2009.9.17
認定日 2015.10.13
区分 認定こども園
住所 〒399-8301 安曇野市穂高有明2105-274
エリア 中信
お問い合わせ先 TEL : 0263-83-2104 
FAX : 0263-83-2104 
MAIL : kodomoshien@city.azumino.nagano.jp
ホームページ http://www.city.azumino.nagano.jp/kurashi/kosodate/hoiku/renrakusaki/ninkahoikuen.html
定員数 未満児 : 27人 3歳児 : 26人 4歳児 : 40人 5歳児 : 40人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ