植物・生物 空・天気 人・地域 つくる 葉っぱ温泉楽しいね!

2020年12月2日

テーマ:
植物・生物/空・天気/人・地域/つくる
年 齢:
3歳児 4歳児
ねらい:
・落ち葉の感触を味わいながら友だちと遊ぶ楽しさを味わう。
・年長児のお店屋さん(温泉)参加の経験を活かしながら、皆で作る温泉ごっこを楽しむ。

活動内容

「はっぱいっぱいだね。」[わたしのあし、はっぱのなかにはいっちゃったの」

石で囲った水場に溜まった落ち葉の中に入り遊ぶ子どもたち。

「なんだかきもちがいいね。ねんちょうさんみたいなおんせんだね。」

「はっぱおんせんだね」「あったかいよね」と嬉しそう。

 

足が葉っぱの中に入ると本当の温泉に入っているような気持ちになるようで、皆で《温泉》のイメージを共有していきます。

子ども達のきづき

 

「いっぱい葉っぱ集めてかけるんだよ!」と葉っぱを広い集めます。

自分にかけてみたり、「お湯かけるよ!」と楽しそうです。

自分にかけた後は、友だちにもかけていきます。「きゃー、おゆがかかるぞ!」葉っぱのお湯がひらひらと舞います。友だちとのやり取りも楽しそうです。葉っぱの量をを調節して、いろいろ試して投げていました。

ゆったりと葉っぱ温泉の中に寝転んで、湯船につかります。見上げる空は青空です。

本当に気持ちがよさそうで、ぽかぽかいい気分です。

 

すっかり葉が落ちた木々。

落ちた葉っぱで遊ぶことの楽しさを十分味わいました。

年長さんのお店屋さん『もりのおみせやさん』に葉っぱ温泉がありました。小さい組さんは年長さんが作った葉っぱ温泉に入り、大喜びでした。その経験から、戸外で本物の葉っぱの温泉を作り、達成感を味わった子ども達でした。

事例に対する保育者の思い

小さい組さんにとっては年長さんの手作りの葉っぱ温泉へ入った経験は刺激が大きく興味を引くものでした。興味が膨らみ、イメージが膨らむと戸外遊びもつながっていくように広がっていきました。手作りの温泉の楽しさ、外の温泉の楽しさを子どもたちは共感しあいながら、遊び込んでいました。憧れの年長さんとのやり取りの中で、子どもたちはいろいろなことを学んでいます。異年齢で自然に遊びをつなげていくことの楽しさ、満足感を感じている子どもたちでした。一人での遊びから秋も深まるころには、集団で自然に関わる遊びへと発展していきます。遊びのため込みをして、子どもたちは心も体も成長していきます。

あずみのしりつありあけのもりにんていこどもえん 安曇野市立有明の森認定こども園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 桑嶋 由起子
運営法人 安曇野市
運営法人代表者名 安曇野市長
園の設立日 2009.9.17
認定日 2015.10.13
区分 認定こども園
住所 〒399-8301 安曇野市穂高有明2105-274
エリア 中信
お問い合わせ先 TEL : 0263-83-2104 
FAX : 0263-83-2104 
MAIL : kodomoshien@city.azumino.nagano.jp
ホームページ http://www.city.azumino.nagano.jp/kurashi/kosodate/hoiku/renrakusaki/ninkahoikuen.html
定員数 未満児 : 27人 3歳児 : 26人 4歳児 : 40人 5歳児 : 40人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ