土 植物・生物 人・地域 🌾いたーーー!

2022年11月16日

テーマ:
土/植物・生物/人・地域
年 齢:
1歳児
ねらい:
・秋の自然を見たり触れてたりする。
・実際に植物や土、生き物に触れることで知る。

活動内容

今年は11月も、風が穏やかで日中は穏やか♪

園の近くの農道、田んぼに散歩へ行きました。天気がよく、園舎を出てすぐから北に見える浅間山が「きれいだね~」「あ!あお」「あ!ブーブ」「トンボ」と道中もいろいろな発見がありました。

農道に付くと、さっそくトラクターを発見!

「あ!先生みて!いたーーーー」「がーがー!」

「トラック!」「怖い」「あ!ん!!」

と持てる言葉で一生懸命伝える子どもたちでした。

土手にお邪魔して、猫じゃらしを見つけて・・・

「(o^―^o) (にっこり)」見てーーー!と言いたそうでした。

イナゴを保育者が見つけると、びっくりした表情をしたり恐る恐る見る子ども達。

保育者が、「触ってごらん。固いかな」

 

「・・・・かたい」「かたい!!」

触っては、草を見つけ、またイナゴを触りに来ては、トンボを見つけ・・・

今度はテントウムシを見つけると、こちらは赤くて奇麗なのか、子どもから手を伸ばし手捕まえたり、手の上を動くテントウムシをじっと見たりしていました。

 

 

子ども達のきづき

・「かたい」「ぴよーん」「かたーい」と表現は様々。

・「いたーーーーー」と様々な物を発見。

トラクター、トンボ、車、葉っぱ、イナゴ、テントウムシ、猫じゃらし、タンポポ、土の塊・・・など

 

事例に対する保育者の思い

・だんだんと秋に移り変わってくる自然を感じてほしい。また、秋晴れの気持ちよさを感じたり、道の歩き方を知ってほしかったり、たくさん歩いて、遊んで、凸凹の場所も歩きバランス感覚を担ってほしいと思い、散歩の場所も選びました。

もう、朝は霜が降りるようになり、イナゴもほとんど見つからないですが、そんな中でも見つけた生き物や植物に感動し、興味を持って触れることで実体験の機会を増やしていきたいです。

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

さくしりつあさしなほいくえん 佐久市立あさしな保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 寺尾 明美
運営法人 佐久市
運営法人代表者名 佐久市長
園の設立日 2006.7.14
認定日 2015.10.13
区分 保育所
住所 〒384-2103 佐久市御馬寄715-1
エリア 東信
お問い合わせ先 TEL : 0267-51-5005 
FAX : 0267-51-5025 
MAIL : asashina-hoiku@city.saku.nagano.jp
ホームページ https://www.city.saku.nagano.jp/kenko/kosodate/hoikushisetsu/asashina.html
定員数 未満児 : 50人 3歳児 : 33人 4歳児 : 33人 5歳児 : 34人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ