本園の特徴

恵まれた自然を生かし、未来を担う心豊かな人づくりを目指します。健全な心身の発達をはかり生きる力の基礎を培います。家庭や地域社会との連携を図り、共に子育てします。元気で明るく、挨拶のできる子・友だちと仲良く遊べる子・食べることを楽しめる子どもになってほしい。    地域の方々から、自分たちの保育園として大切にされており、周りの方自ら交流をしに園に訪ねてくれます。(竹細工・コーラス等)子どもたちのために、畑でジャガイモ・サツマイモなど作って芋堀りを体験させて下さる方もいます。

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

土 植物・生物 人・地域 食 さくらんぼ・いちごおいしいね!

2017年7月12日

テーマ:
土/植物・生物/人・地域/食
年 齢:
1歳児から5歳児
ねらい:
*さくらんぼ・いちごの生長を身近に感じる。
*さくらんぼ・いちごを友達と一緒に収穫し味わう喜びを知る。

活動内容

*入園して、園庭の鯉のぼりが元気に泳いでいるころ、八千穂保育園の桜も咲きました。年長児は、旧八千穂小学校へ「桜見散歩」・園庭で「お花見給食」を楽しみました。園児門の脇にある「さくらんぼの木」も徐々に咲き始めました。

 

*さくらんぼの収穫! 給食で一人3ケづついただきました。

*いちごは、小さいクラスから順番に、自分でとって、洗って食べました。(もちろん、小さいクラスは、職員が洗いました。)

 

 

 

 

 

 

子ども達のきづき

1 さくらんぼ・いちごの花が咲き、葉っぱがつき実が徐々に大きくなって、色づいていく実をのぞきこんでいました。

子ども達の声・・・「大きくなってきたね!」「早く食べたい!」「赤くなったよ。食べる?」

2 いちごの収穫は、友達と一緒に行い、その場で洗って食べた時に、とても良い笑顔をみせてくれました。

子ども達の声・・・「僕は、大きいの!」「おいしいね!」「もっと食べたい!」「おかわりは?」

事例に対する保育者の思い

1 植物の生長の過程を、身近に感じて欲しい。

2 実際に見て、触れて、食べて・・・五感で感じて欲しい。

3 友達と一緒に、共感して欲しい。

さくほちょうりつやちほほいくえん 佐久穂町立八千穂保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 小林 浩美
運営法人 佐久穂町
運営法人代表者名 佐々木 勝
園の設立日 1967.11.1
認定日 2017.1.12
区分 保育所
住所 〒384-0701 南佐久郡佐久穂町畑660
エリア 東信
お問い合わせ先 TEL : 0267-88-2252 
FAX : 0267-88-2010 
MAIL : yachihohoikuen@town.sakuho.nagano.jp
ホームページ
定員数 未満児 : 人 3歳児 : 人 4歳児 : 人 5歳児 : 人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分~19時00分
延長保育の有無
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ

自然保育の認定団体を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる