本園の特徴 ~自然の中で遊ぶ~食事を楽しむ~挨拶をする~

・犀川が近くに流れ、水鳥や野鳥が生息している。川のほとりを散歩し、鳥のさえずりや川の流れる音や水面の輝きを見ることができ、自然を肌で感じている。
・丸太や木の枝、ドングリ、クルミなどの自然物を拾って、制作活動などの保育に生かしている。
・春は桜並木、秋はイチョウ並木の川に続く散歩道を歩いて、四季の自然の移り変わりを楽しんでいる。
・中山間地の小規模園ならではの特徴を生かし、異年齢で関わりながら自然と遊びます。

News

ニュースはありません

もっと見る

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

水 清水沢にて!

2024年6月14日

テーマ:
年 齢:
3.4.5
ねらい:
清水沢で、水に存分に触れて遊ぶ。

活動内容

以前から、「川遊びしたいね」と言う声が上がっていましたが、やっと清水沢に行くことができました。

↑階段を降りた後から、「つめたー!!」とバシャバシャ

↑川遊び初めての年少さんは「やめてー!!」と言いながらそろりそろり

↑国道下のトンネル、大騒ぎしながら歩きました

↑何かいるかな?「なんかかにが見えたような気がする!!」

↑採取用に持ってきたボウルで、自分に水をかけ始めて「つめたーーーー!」

ちょっと高めの段差で滝行。「上に行ってみたい」という声を聞いて、一人あげてみると「自分で登る!!!」と言い始めました。

「頑張れー!引き上げるんだ!!」

このくらいなら自分で登れるね

深いポイントもあって、思いっきり水まみれになってきました。

森の手前まで行くと、少し陰ってきていて「なんかさむい~、、、」と言い始めたので、それが帰りの合図になりました。

子ども達のきづき

川の水は冷たい

茂みを分けると、なんかいる!!、、、、気がする。

みんなで協力すれば、高い塀も登れる

事例に対する保育者の思い

4月から、よく散歩で通りかかり「暑くなったらいこうね」と言っていたので、念願の川遊びに子どもたちは楽しみにしていました。一昨日にゲリラ豪雨があったので「どうなるかなぁ」と保育士が言っていると「ま、流れが急だったらしょうがないよね」と大人びた反応をする子もいました。でも、今日の天気を見て「本当にいけてよかった」と笑顔で言っていたので、内心心配していたのかなと感じました。

普段、泥遊びも楽しんでいますが、無限に出てくる水があるという環境で思う存分水の冷たさを感じられるので、本当に良い環境だなぁと思います。保育士が何も言わなくても自然に協力するような姿が出てきたのも面白いですね。

清水沢を登っていくと森があるので、今後、その森の中の川にも遊びに行けたらと思っています。また違う環境だとどのように遊ぶのか楽しみです。

ながのしなにあいほいくえん 長野市七二会保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 林 由佳
運営法人 長野市
運営法人代表者名 長野市長
園の設立日 2005.4.9
認定日 2018.10.31
区分 保育所
住所 〒381‐3163 長野市七二会己997
エリア 北信
お問い合わせ先 TEL : 026‐229‐2620 
FAX : 026‐229‐2620 
MAIL : naniai-hoiku@city.nagano.lg.jp
ホームページ
定員数 未満児 : 20人 3歳児 : 13人 4歳児 : 13人 5歳児 : 13人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月、火、水、木、金、土
基本開所時間 7時30分~18時30分
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ

自然保育の認定園を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる