本園の特徴 ~自然の中で遊ぶ~食事を楽しむ~挨拶をする~

・犀川が近くに流れ、水鳥や野鳥が生息している。川のほとりを散歩し、鳥のさえずりや川の流れる音や水面の輝きを見ることができ、自然を肌で感じている。
・丸太や木の枝、ドングリ、クルミなどの自然物を拾って、制作活動などの保育に生かしている。
・春は桜並木、秋はイチョウ並木の川に続く散歩道を歩いて、四季の自然の移り変わりを楽しんでいる。
・中山間地の小規模園ならではの特徴を生かし、異年齢で関わりながら自然と遊びます。

News

ニュースはありません

もっと見る

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

土 植物・生物 水 空・天気 雨ってどんな音だろう…?

2022年7月19日

テーマ:
土/植物・生物/水/空・天気
年 齢:
3~4歳
ねらい:
・雨の音や雨粒を探し、雨ならではの自然に触れて遊ぶ。

活動内容

子ども達のきづき

連休明け、朝から雨が降りプールに入れない…と悲しんでいた子どもたち。ぞうくんのあめふりさんぽ📚の絵本を読んで園庭の散策に誘うと「外行きたい!!」と目をキラキラさせていました✨

雨の音を探してみよう” ”雨粒を見つけよう”と話してから園庭に行くと、雨カッパに雨が当たる音水たまりに足を踏み入れる音に耳を澄まし「ちゃぷん」「ぽちゃん」「ぽつぽつ」「さ~~」と、それぞれの感性で雨音を感じていました。

雨粒探しでは鉄棒の下や草の上に雨粒があることを見つけ、園庭の周りの雨粒を探しました。水たまりでは♪あめふり♪や♪あめふりくまのこ♪を口ずさみながらジャンプして遊んでいましたよ☔

その他にも泥パックや泥団子作りなど、雨ならではの自然に触れながら雨降り散策を楽しみました😊

 

事例に対する保育者の思い

雨降り散策を通して一人ひとりの感性の違いや、驚きや発見を共有することで他児の興味につながることの大切さを改めて実感しました。雨音の感じ方ひとつとっても一人ひとりの感じ方が異なったり、子どもならではの発見があったりと面白さも感じられました。

今後も積極的に雨降り散策に出掛け、雨の日ならではの自然との出会いを大切にしていきたいです😊

ながのしなにあいほいくえん 長野市七二会保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 武田 久江
運営法人 長野市
運営法人代表者名 長野市長
園の設立日 2005.4.9
認定日 2018.10.31
区分 保育所
住所 〒381‐3163 長野市七二会己997
エリア 北信
お問い合わせ先 TEL : 026‐229‐2620 
FAX : 026‐229‐2620 
MAIL : naniai-hoiku@city.nagano.lg.jp
ホームページ
定員数 未満児 : 20人 3歳児 : 13人 4歳児 : 13人 5歳児 : 13人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月、火、水、木、金、土
基本開所時間 7時30分~18時30分
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ

自然保育の認定団体を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる