本園の特徴

<平成29年度保育目標>
1 友だちと遊んだり生活することが楽しいと感じる子ども
2 話がよく聞ける子ども
3 地域のことをよく知っている子ども

【世代間交流】
・年長 歩歩歩の会 史跡めぐり
・年中 生き生き交流 地域のお年寄りとの交流
・年少 子ども発達センターひまわりの子どもたちとの交流を継続していく
   ことで、子どもたちの経験を豊かにしていく

News

ニュースはありません

もっと見る

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

水 人・地域 歩歩歩の会「清水巡り」

2021年5月19日

テーマ:
水/人・地域
年 齢:
5歳児
ねらい:
・清水について知る。
・松尾地区の清水の場所を知る。
・地域の方に親しみを持ち接する。

活動内容

松尾東保育園恒例の歩歩歩の会が始まりました。

年長児になると、松尾地区の歴史や云われを地域の方に教えていただきながら一緒に地域を巡ります。

今回は清水巡り。

教えてくださる勝野先生・湯澤先生に「お願いします」の挨拶をして出発です。

①ひらさわの清水「冷たくて、気持ちいいな~」

「土の中を流れてきたから土の温度と同じで冷たいんだよ」と教えていただきました。

それぞれに地図を持ってその場所を見つけるとシールを貼っていきます。

「①だから、ここだよね。」「そうだね。」

 

清水は雨や雪が土の中に入り、浄化されてきれいな水になります。

昔は水道がないから、野菜を洗ったり、料理に使ったり、海が遠いから魚(鯉)を池で育てて食べていたんだそうです。

いまでも田んぼや畑に使われています。

②ごたんだの清水 「鯉がいるよ。」「さっき聞いた鯉だね!」

「食べられるんだ」

③ひらの清水 地区内で唯一屋内にある清水で、今でも野菜やお米、食器を洗うのに使っています。

 

④はっけんもんの清水 ペットボトルに清水を汲んでおみやげにします。

「しっかり沸かしてコーヒーやお茶にしてもおいしいよ。」と教えていただきました。

ここの清水は災害のときに使われる大切なもので地域でも大事にされています。

皆で清水を汲んだペットボトルを持って「ハイポーズ!」

 

 

子ども達のきづき

・清水って冷たいね。

・山からここまで流れてくるんだって。

・池にいる鯉、食べられるんだって。

・池の上に紐があるね。鳥にお魚食べられないようにだって。

・前は水道がなかったんだ。

 

事例に対する保育者の思い

・前年の年長児から様子を聞いていて、年長になると「歩歩歩の会」に行けると期待している子ども達はとても張り切って出かけ、保育士が話すこととはまた違った勝野先生、湯澤先生のお話も興味を持って聞くことができています。

・家庭でも話題にしていると家庭からのお話もあり、親子で共通の話題として地域のことに関心を持つ機会にもなっていることはうれしく感じられます。

・清水のことを教えていただき、子ども達も自然に廻る水に興味が持てたり、水の大切さを感じることができるたのではと思います。

・職員も知らない地域のことを教えていただける機会であるので、これからも大切につなげていきたい。

いいだしまつおひがしほいくえん 飯田市松尾東保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 壬生 恵美
運営法人 飯田市
運営法人代表者名 飯田市長
園の設立日 昭和56年3月28日
認定日 2017.10.27
区分 保育所
住所 〒395-0822 飯田市松尾寺所5645-1
エリア 南信
お問い合わせ先 TEL : 0265-52-2289 
FAX : 0265-52-2289 
MAIL : ns-matsuo-hi@city.iida.nagano.jp
ホームページ http://www.iida-kosodate.net/
定員数 未満児 : 25人 3歳児 : 40人 4歳児 : 40人 5歳児 : 40人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月火水木金土
基本開所時間 7:30~19:00
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ

自然保育の認定団体を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる