本園の特徴

<平成29年度保育目標>
1 友だちと遊んだり生活することが楽しいと感じる子ども
2 話がよく聞ける子ども
3 地域のことをよく知っている子ども

【世代間交流】
・年長 歩歩歩の会 史跡めぐり
・年中 生き生き交流 地域のお年寄りとの交流
・年少 子ども発達センターひまわりの子どもたちとの交流を継続していく
   ことで、子どもたちの経験を豊かにしていく

News

ニュースはありません

もっと見る

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

植物・生物 人・地域 つくる ハロウィンかぼちゃ

2020年11月4日

テーマ:
植物・生物/人・地域/つくる
年 齢:
5歳児
ねらい:
・季節の行事を知ろう。
・友だちと作ることを楽しむ。

活動内容

JAさんからかぼちゃをたくさんいただきました。

「あぁ~、ハロウィンのかぼちゃだ!」「ハロウィンのかぼちゃって顔がついているよね。」

「そうそう、顔つけよぉ♪」

「先生、かぼちゃに顔つけたい!」「どうやってつけるの?」

さっそく雑誌をもってきて見ながら作り始めます。

本当はかぼちゃを切ったり、穴を開けたりして作るんですが・・・

どうしたら自分達でもできるか考えた子ども達、「先生、黒い紙ちょうだい!」と

黒い色画用紙を切って作ります。

「なかなかうまくつかないなぁ・・・」「目の場所ってこれでいいかなぁ?」

でこぼこしているとむずかしいなぁ・・・

「ねぇ、ここにテープつけて!」「ちょっと待ってよ。」

丸い机の周りに集まって女の子たちが夢中で制作中!

「なにしてるの?」とのぞきにきた男の子「ハロウィンのかぼちゃだよ。」と答える女の子たち!

 

「できた~!」「おもた~い」   「できたよ~」作った人に似てるね。

「こっちも見て~。」

「ハロウィンのかぼちゃだよ。」と小さい人にも見せてあげました。

かわいいハロウィンのかぼちゃが勢ぞろいです。

 

 

 

子ども達のきづき

・ハロウィンのかぼちゃっていつも食べてるかぼちゃとちがうね。

・でこぼこのかぼちゃに顔作るのって難しいね。

・いろんな顔があって楽しいね。

事例に対する保育者の思い

・JAの方のご厚意でなかなか手にすることのできない材料をいただき、楽しい体験ができた。

・何か分からなかったり、知りたいことがあると図鑑などを持ってきて調べることができるのは以前から虫、草花などでも経験していることが積み重なってきていることを感じ、うれしい姿であった。

・本来の作り方ではないが、自分達で工夫しできそうな方法を選び試していた。

 

いいだしまつおひがしほいくえん 飯田市松尾東保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 壬生 恵美
運営法人 飯田市
運営法人代表者名 飯田市長
園の設立日 昭和56年3月28日
認定日 2017.10.27
区分 保育所
住所 〒395-0822 飯田市松尾寺所5645-1
エリア 南信
お問い合わせ先 TEL : 0265-52-2289 
FAX : 0265-52-2289 
MAIL : ns-matsuo-hi@city.iida.nagano.jp
ホームページ http://www.iida-kosodate.net/
定員数 未満児 : 25人 3歳児 : 40人 4歳児 : 40人 5歳児 : 40人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月火水木金土
基本開所時間 7:30~19:00
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ

自然保育の認定団体を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる