本園の特徴

一時預かり保育・未就園児対象に園庭開放や遊びの広場の実施・地域ボランティアによる絵本の読み聞かせ。地区高齢者クラブとの交流(さつまいもの苗植えと収穫、焼き芋会)。
保護者保育参加事業。地域ふれあい事業(お茶会、高齢者福祉施設訪問)。自然や人と関わりながら様々な体験を通して自己表現のできる子どもを目指します。自然遊びを通して身体のバランス感覚や心身の成長を促します。
園児数も70人と少なく異年齢交流での活動が主となり、小さい組の園児は、年長児から様々なことを教わり経験することが多くあります。周囲は田園地帯で静かな環境です。

News

ニュースはありません

もっと見る

植物・生物 人・地域 つくる 「完成!いい音するよ!!」「ふかふかしてお布団みたい」

2021年12月27日

テーマ:
植物・生物/人・地域/つくる
年 齢:
3歳児・4歳児
ねらい:
自分の作った楽器で音を鳴らしたり、歌ったりすることを楽しむ。
落ち葉の感触を味わったり、ダイナミックにあそぶことを楽しむ。

活動内容

散歩に行ったかじかの里公園で拾ったどんぐりを使ってペットボトルにシールをつけたりマジックで自由に描きマラカスを作りました。

「1.2.3.4・・・どんぐりいくついれようかなぁ?」

 

「マジックでかわいくしちゃおぅ!!」

 

「シールはここにはろうかなぁ…」

 

「いろんな色でぬっちゃおう!」

子ども達のきづき

完成したマラカスを鳴らすのが楽しくて好きな歌を口づさみながらマラカスを振っていました。

「完成!!いい音がするよ!」

 

「わたしゃおんがくかやまのこりす~♪」

 

自分で作ったマラカスを鳴らして『山の音楽家』『どんぐりころころ』を歌いました。

外で歌うのも楽しいね!

 

外であそんでいたら年中組さんもきて、ペットボトルだけでなくカップやヤクルトの容器でもマラカスを作っていました。

異年齢で作り方を教え合う姿や、できない所を手伝う姿も見られました。

「私も作りたーい!」「どうやって作るの?」

 

「このカップ使っていいよ」

「マジックで書いてもいいよ」

 

「どんな音が鳴るのか楽しみだなぁ」

 

別の日にはDENSOさんから軽トラック一台分の落ち葉をいただき落ち葉のプールであそびました。

「きもちぃ~」 「ふかふかしていてお布団みたい」

 

 

「葉っぱのシャワーだー」

 

そこへ年長さんも入ってきて

「いーれーてー!!」

「ここあいてるよ!」

と言って仲良く遊ぶ姿が印象的でした。

事例に対する保育者の思い

保育士が自然物をとり入れた環境を構成することがきっかけとなり、子どもたちが自から興味をもって“あそんでみよう”とする姿や、自然に異年齢でかかわる姿も見られました。発達年齢で作り方や道具の使い方に違いがあり、小さい子も大きい子からやり方を教わったり手伝ってもらったりしていました。そのことから憧れの気持ちが育つと共に、優しくしてもらった分、小さい子への思いやりも育っていくように思います。

異年齢でのかかわりを大切にしながらその季節にしか味わえないあそびを十分楽しんでいきたいなと思います。

 

あずみのしりつきたほたかにんていこどもえん 安曇野市立北穂高認定こども園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 田中 智子
運営法人 安曇野市
運営法人代表者名 安曇野市長
園の設立日 1955.5.1
認定日 2015.10.13
区分 認定こども園
住所 〒399-8302 安曇野市穂高北穂高494-1
エリア 中信
お問い合わせ先 TEL : 0263-82-6153 
FAX : 0263-82-6153 
MAIL : kodomoshien@city.azumino.nagano.jp
ホームページ https://www.city.azumino.nagano.jp/site/hoikuen/
定員数 未満児 : 27人 3歳児 : 13人 4歳児 : 25人 5歳児 : 25人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ

自然保育の認定団体を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる