水 空・天気 雪の中で発見!

2021年2月9日

テーマ:
水/空・天気
年 齢:
5歳児
ねらい:
・色々な雪遊びを、友達と一緒に楽しむ。

・かまくら作りに必要なものを考え、友達と協力して作る。

活動内容

雪が降った日。緑地公園へ散歩に行きました。

「そりすべり、楽しいなあ~」

「引っ張ってあげるよ」

「わあ、ここおうちみたい!」「中に入るとあったかいよ」

木のつるがからんで、ドームになっていて家のようでした。

今日は空気が冷たく、ドームの中は冷気が遮られ暖かさを感じます。

「雪でかまくら作ろう!」「うん!10人入るかまくら作ろう!!」

でも、小さいかまくらしか出来ませんでした。

「これじゃあ、ネズミのかまくらだあ」                                「大きなシャベル、持ってくればよかったね」と子ども達。

翌週も念願の雪!今日は、ぽかぽかとてもいい天気です。

かまくら作りに必要な物を話し合い、シャベルやバケツを持ってGO!

「よ~し、がんばってかまくら作るぞ!」

雪を運ぶ人、かためる人など分担して作っていました。

帽子で旗を立てて、完成でーす。

さて、このあいだ入ったおうちはどうかな?

「あったか~い」

陽ざしが差し込んでぽっかぽか~

「あれ?何かの虫がいるよ」

「てんとう虫だ!動いているよ!!」

あまりの暖かさに春になったと思って出てきたのかな?

シートを敷いて、ごろ~ん。

「あったかくて気持ちい~い」

「だからてんとう虫さん、ここにいたんだね。」

寝ころんで、てんとう虫の気持ちを味わった子ども達でした。

 

 

 

子ども達のきづき

雪が少なかったり、道具がなかったりすると、かまくら作りは難しいということに子ども達は気付きました。そして

大きなシャベルやバケツが必要、またたくさんの雪を集めて運ぶのには、そりがとてもよいということにも気付きました。

寒い日、暖かい日、それぞれに子ども達からの楽しい発見が見られ、てんとう虫の気持ちも感じた子ども達でした。

事例に対する保育者の思い

雪で様々な楽しい遊びを経験したり、冬の自然の中で“あれっ?”と思う発見をしたり、楽しい散歩になりました。

かまくらを作りたいという子ども達の思いを受け、初めの散歩ではどうして作れなかったのか、今度はどうしたら作れるのかを話し合い、準備をして行ったところ、作ることが出来、達成感を得られた子ども達でした。

卒園までの残り少ない日々、これからも様々な発見を楽しんでいきたいと思います。

ながのしかもほいくえん 長野市加茂保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 石田 正路
運営法人 長野市
運営法人代表者名 長野市長
園の設立日 1954.4.1
認定日 2019.9.13
区分 保育所
住所 〒380‐0873 長野市新諏訪1丁目11‐31
エリア 北信
お問い合わせ先 TEL : 026‐232‐7064 
FAX : 026‐232‐7064 
MAIL : kamo-hoiku@city.nagano.lg.jp
定員数 未満児 : 人 3歳児 : 人 4歳児 : 人 5歳児 : 人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月、火、水、木、金、土
基本開所時間 7時30分~18時30分
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ