植物・生物 カメのおやすみzzz式

2020年12月28日

テーマ:
植物・生物
年 齢:
3・4・5歳児
ねらい:
カメの生態について知ろう

活動内容

綿内保育園には、何年か前からカメを飼っています。

カメの名前は、みどりちゃんです。

例年、冬もいつも通りすごしていたみどりちゃんですが、今年度のカメ係の保育士が、「カメは冬眠しなくてよいのだろうか」ということに気付き、子ども達と相談して、カメの『おやすみ式(冬眠式)」を行うことにしました。

子ども達は、しばしの間、春になるまでみどりちゃんとは、お別れです。一人一人みどりちゃんに「おやすみ」を言って、ふれあっていました。

みどりちゃんを、落ち葉を敷き詰めたざるの布団に寝かせました。

子ども達のきづき

「さむくないかな?」

「逃げ出さないかな?」

子ども達は、ちょっぴり心配そうです。

葉っぱの中には、みどりちゃんが眠っています。

カメ係りの保育士が、「カメみたいに、冬に眠る(冬眠)動物他にもいるけれど、知っている?」

と質問すると

「クマやヘビ」

と答える子どももいます。

「ヤモリ!」

↑何日か前にヤモリを捕まえて飼っている子が教えてくれました。

自ら興味を持って、生き物を捕まえ、その生態を調べてみるところが、主体的な学びに繋がりますね。

事例に対する保育者の思い

みんなの心配を解決しようと、バスマットを敷いて、みどりちゃんが逃げない対策をしてみました。

それを見ていた子ども達は、

「その上からもっと土をかけるといいよ」

と提案し、バスマットの上からも土を掛けました。

「きっと、あたたかいよ」

「これで、いなくならないよね」

と安心していました。

このように、みんなで対話しながら、子ども達の意見を取り入れつつ無事に

『カメのみどりちゃんのおやすみ式』

を行うことができました。

一つ一つの活動の中に、子どもと相談して意見を取り入れ、考えながら行うことの大切を感じました。

みどりちゃん、春まで元気に眠ってね。

ながのしわたうちほいくえん 長野市綿内保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 矢澤 美奈子
運営法人 長野市
運営法人代表者名 長野市長 
園の設立日 昭和41年12月1日
認定日 2017.10.27
区分 保育所
住所 〒381-0101 長野市若穂綿内6734-3
エリア 北信
お問い合わせ先 TEL : 026-282-2357 
FAX : 026-282-2357 
定員数 未満児 : 35人 3歳児 : 30人 4歳児 : 30人 5歳児 : 30人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月火水木金土
基本開所時間 7:30~18:30
延長保育の有無
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ