土 植物・生物 水 空・天気 食 つくる 収穫の喜び!米作りをしました。

2020年12月8日

テーマ:
土/植物・生物/水/空・天気/食/つくる
年 齢:
5歳児
ねらい:
自然の変化にふれ、興味、関心を深める。
作った作物の収穫を楽しむ。

活動内容

実りの秋。今年もたくさんの作物が実りました。

今回は、園での米作りを紹介します。

子ども達のきづき

園の周りで田植えがはじまりました。

園でも、子ども達が田植えをしようと土作りから準備をしました。

バケツとプールの田んぼです。一人一人のマイバケツで稲(苗)を植えます。

田植えが完了。大きくなるのが楽しみ。水の量も見ていきます。

ちょっとよろよろ・・・?

心配よそに稲は大きくなっていきます。

青々としてきました。日に日に生長していきます。

そして、季節は、秋に近づきます。

稲は、どうなったでしょうか。

稲穂が風に揺れています。

たくさんの実がつきました。でも…

喜んでいるのは、子ども達だけではなく、実は空から見ている鳥も狙っていました。

いつも遊びに来ているスズメの被害が出ないように、案山子も作りました。

「案山子さん、見守ってくれてありがとう」

地域の田んぼが網掛をしてあるのを見て、自分たちも網を掛けました。

時はやってきました。

いよいよ収穫の時期です。待っていました。

稲を根元から刈り取ります。

「おいしいお米になっているかな?」

きれいに刈り取ることができました。

刈った後の乾燥も大切なので風通しの良い所へ干しました。

そして、いよいよ脱穀です。

脱穀機の登場です。最近では、ほとんど見かけなくなりました。

刈り取った稲から籾を外します。

「自分のお米は、自分でやるよ。」

脱穀が済んだら、唐箕の登場です。

脱穀した籾には、藁くずが混じっているので選別します。

ハンドルを回して風を送ります。それで良い籾とそうでない籾と選別ができます。

籾ができたら、精米をします。

少しずつ‘’すりこ木”で籾を外しています。

なかなかの根気が必要です。

交代で頑張ります。

仕上げに息を吹きかけると、「お米が見えた~」

感動のお米とのご対面!

さあ、この後はどうするのかな?

次回のお楽しみです。

事例に対する保育者の思い

お米の生長を通して子ども達は、たくさんのことに気づきました。

そして、食べるまでには、たくさんの手と時間が必要なことも知りました。

収穫、実りへの感謝。作物を作ることの奥深さ、大人も改めて感じています。

 

おまけ・・・

秋は、園を一歩外に出るとそばの花がいろいろな場所で咲いていました。

戸隠では、風景から身近に四季を感じることができます。

今年は、トマトも遅い時期まで収穫できました。

ポップコーンもできました。

秋の恵みに感謝!

ながのしとがくしほいくえん 長野市とがくし保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 宮﨑 文子
運営法人 長野市
運営法人代表者名 長野市長
園の設立日 2011.4.1
認定日 2016.10.12
区分 保育所
住所 〒381-4102 長野市戸隠豊岡1541
エリア 北信
お問い合わせ先 TEL : 026-254-3393 
FAX : 026-254-3393 
定員数 未満児 : 14人 3歳児 : 15人 4歳児 : 16人 5歳児 : 25人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月、火、水、木、金、土
基本開所時間 7時30分~18時30分
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ