土 植物・生物 食 牛乳パックで二十日大根の畑を作ろう!

2016年8月8日

テーマ:
土/植物・生物/食
年 齢:
4歳児
ねらい:
二十日大根の世話を通して、野菜の生育に興味を持つ。
収穫をして、喜んで食べる。

活動内容

6月6日(月) みんなで二十日大根を育てよう

野菜の図鑑で二十日大根を調べる。「ラディッシュ知ってるよ!」「からいよ」

お家の人向けにも掲示をする。

DSCF6603

6月9日(木) 小さな畑を作ろう

培養土をビニール袋に入れたり、水くれ用のカップ、畑となる牛乳パックの用意を子どもたちと一緒に行う。牛乳パックで野菜が作れることに驚いて「えー!」と叫んだり、「本当にできるの?」と口々に言う。驚きと共に、楽しみなワクワク、ドキドキの表情が見られた。

6月10日(金)参観日 お家の人と種まき

親子で種まきをする。お家の方も「これなら簡単にお家でできるね」と関心を示してくださる。種を大事に手に取り、親子で楽しく会話をしながら種まきをする。

DSCF6599

6月13日(月) 大きくなーれ

水くれをする。毎日、登降園時にお家の人と子どもで「昨日より大きくなった!」と生長の様子を見て楽しみにしている。

CIMG2903

[環境構成]

登降園時に親子で生長の様子が見られるようにテラスに並べる。名前が分かりやすいいように名札を立てる。

DSCF6611

6月17日(金) 間引きって何だろう?

間引きをする。葉と葉が重なり合っているのは、「二十日大根さんが喧嘩をしちゃうから」と話して始める。「これは喧嘩してる?」と聞きながら、ゆっくり丁寧に抜く。二十日大根についた青虫を見つけては、キャベツに移している子どももいた。

7月5日(火) いよいよ収穫! 楽しみ!

自分の畑を手に取り、テラスの前で収穫する。ゆっくり抜くと赤い二十日大根があらわれ「できたー!」「あったー!」と大喜びする。細いものや何もついていないものもあり、「なんでだろう?」と不思議がっていた。牛乳パックに入った土にお礼を言って、畑に返す。

給食室に持っていき「お願いします」と二十日大根を預ける。サラダに薄く刻んだ二十日大根を入れてもらい味わう。「わぁー!これが二十日大根!」「あった!」と言って二十日大根を探して、喜んで食べる。「おいしいね」「これは僕のかな」とやりとりを楽しみながら収穫した二十日大根を味わっていた。

DSCF7088

 

子ども達のきづき

種の小ささに驚く姿が見られた。

牛乳パックで野菜が作れることに興味を持った。

毎日、生育を楽しみに自分の畑の世話をした。

CIMG2910

≪二十日大根の壁画を作りました≫

事例に対する保育者の思い

一人ひとりが牛乳パックの畑を持つことで、主体的に意欲を持って取り組んで欲しい。

発見や驚きを沢山して、目を輝かせてほしい。

CIMG2909

あずみのしりつほたかにんていこどもえん 安曇野市立穂高認定こども園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 町田 和
運営法人 安曇野市
運営法人代表者名 安曇野市長
園の設立日 2000.4.1
認定日 2015.10.13
区分 認定こども園
住所 〒399-8303 安曇野市穂高9175
エリア 中信
お問い合わせ先 TEL : 0263-82-6772 
FAX : 0263-82-6772 
MAIL : kodomoshien@city.azumino.nagano.jp
ホームページ http://www.city.azumino.nagano.jp/kurashi/kosodate/hoiku/renrakusaki/ninkahoikuen.html
定員数 未満児 : 30人 3歳児 : 60人 4歳児 : 60人 5歳児 : 60人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ