植物・生物 人・地域 食 つくる 「カレーおかわりください。」 畑で収穫した野菜でカレー作り!!

2017年9月4日

テーマ:
植物・生物/人・地域/食/つくる
年 齢:
3歳児、4歳児、5歳児
ねらい:
・野菜の収穫を楽しみ親しみを持つ。
・収穫した野菜でカレー作りを楽しむ。
・地域の方と一緒会食会をして、感謝の気持ちを持つ。

活動内容

春、「大きくなりますように。」「たくさんできますように。」とじゃがいもの種いもを植えました。

初めてピュラーでにんじんの皮を剥きました。ドキドキの初体験です。

「じゃがいもおおきくなったかな。」土の中からじゃがいもを掘ります。

3歳さんは、カレーに入れる枝豆を抜きます。「あ、あそこにあるよ。」

地域の農家さんから頂いた玉ねぎもカレーに入れます。3歳さんが皮を剥きます。丁寧に優しくやっています。

子ども達のきづき

「ずんだずんだ採り。」と子ども達は枝豆のことを呼んでいます。おやつの『ずんだ餅』から呼ぶようになりました。「たくさんのずんだがある。」3歳の女の子、力いっぱい引っ張ります。

収穫した枝豆を見て「ずんだ、とったどーー。」と大喜びの3歳児です。

5歳児は、じゃがいもの皮を剥きます。「でこぼこしていてやりにくい。」でもさすがは年長さん器用に剥けます。

「猫の手。」「お家でやったことあるから。」大人顔負けの上手さです。

事例に対する保育者の思い

地域の農家さんから、玉ねぎをいただきました。代表の子ども達が受け取りました。「この玉ねぎどうしょうか?」と尋ねると「給食に入れてもらおう。」「カレーに入れよう。」「カレー会におじさんに来てもらおう。」と言うことで招待することになりました。

地域の方と一緒にカレーを食べます。

みんなで協力して作ったカレーは、いつも違ってとてもおいしかったようです。嫌いな野菜も自分達で作ったから食べられたようです。

異年齢交流も含め遊戯室で会食会です。大きい組さんは小さい組さんの面倒を見ています。大きい組がおかわりをすると、小さい組さんもおかわりをします。自分達で作り、食べる経験をとおして食の大切さをこれからも伝え続けたいです。

あずみのしりつありあけのもりにんていこどもえん 安曇野市立有明の森認定こども園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 横川 尚子
運営法人 安曇野市
運営法人代表者名 安曇野市長
園の設立日 2009.9.17
認定日 2015.10.13
区分 認定こども園
住所 〒399-8301 安曇野市穂高有明2105-274
エリア 中信
お問い合わせ先 TEL : 0263-83-2104 
FAX : 0263-83-2104 
MAIL : kodomoshien@city.azumino.nagano.jp
ホームページ http://www.city.azumino.nagano.jp/site/hoikuen/
定員数 未満児 : 27人 3歳児 : 26人 4歳児 : 40人 5歳児 : 40人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ