植物・生物 火 食 🌼ホウレンソウを食べます

2021年11月19日

テーマ:
植物・生物/火/食
年 齢:
4歳児
ねらい:
種をまいて育てたホウレンソウを味わう

活動内容

11月19日

朝の冷え込みがだんだん厳しくなってきました。年中さんが花壇に蒔いたホウレンソウも、そろそろ食べ頃です。

みんなで抜きました

「下の方を持って引っ張ってね」と先生が言うので、『よし!』とみんなでホウレンソウを引っ張りました。しかし…簡単に抜けるものと思いきや、意外に力がいりました。やっと抜いたホウレンソウにはしっかりした根がついていました。「これは何?」「大根みたいなのがある」…と、太い根が気になるようです。色もきれいなピンク色で子ども達の目を引く根です。

見事な根っこ

今日のお昼に早速『ホウレンソウのおひたし』を食べることになりました。きれいに水で洗ってお鍋のお湯が沸いたら入れます。

さっとゆでて

はい出来上がり

子ども達のきづき

今日はホウレンソウが『前菜』です。先生にお皿に配ってもらったらすぐに「いただきます…パクリ」「おいしい」の声。苦みもなく本当においしかったです。

前菜の後は、本日の主菜(給食の先生方が腕によりをかけた一品)『手作りコロッケ』が配られました!今日のお昼もとてもおいしかったね。

子ども達が注目していた根っこ…どうしたのか気になって先生方に聞くと「よくゆでて食べちゃいました」という答え(えぇー)。食べた子の感想は「甘かった」(ええぇー)。すごいんです、高瀬保育園の先生たちは。

事例に対する保育者の思い

朝になると千曲川と湯川に挟まれた高瀬保育園の辺りは真っ白な川霧に包まれることが増えました。気温が川の水温より低くなっている証拠で『冬が始まる』という合図です。

そんな季節になっても、どこかで寒さをしのぎながら生きている昆虫がいます。3日前、ホウレンソウの近くをひらひらと舞う黄色いチョウがいたので撮影しました。(今日はどうしているかな?元気かな…)

11/16:右下に黄色い蝶

いろいろな野菜を育ててきた保育園の畑には、大根が少し残っているだけになりました。畑作りは、育てる・収穫する・調理する・食べる、という豊かな経験を子ども達に与えてくれました。畑の土に、おひさまに感謝です。ずくを惜しまず畑に足を運んでくれた先生方にも感謝です。この豊かな経験が子ども達の根っこを太くしてくれるに違いありません。まだ見えない部分(すぐには結果が見えない部分、非認知能力とも言います)を、大きく太く育てることが保育園での目標の一つです。それはイコール家庭での子育ての目標の一つとも言えます。

今日ホウレンソウの根っこまで食べた子たちは、必ずたくましく育つことでしょう。

年長さんがドッジボールを始めました

これから寒くなっていきますが、来週も元気に過ごしていきましょう。

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

さくしりつたかせほいくえん 佐久市立高瀬保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 副園長 : 青木 杉子
運営法人 佐久市
運営法人代表者名 佐久市長
園の設立日 1962.10.1
認定日 2015.10.13
区分 保育所
住所 〒385-0016 佐久市鳴瀬1371
エリア 東信
お問い合わせ先 TEL : 0267-67-2155 
FAX : 0267-67-2155 
MAIL : takase-hoiku@city.saku.nagano.jp
ホームページ https://www.city.saku.nagano.jp/kenko/kosodate/hoikushisetsu/takase.html
定員数 未満児 : 35人 3歳児 : 18人 4歳児 : 18人 5歳児 : 19人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時00分
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ