植物・生物 人・地域 食 つくる 🌼大根せんべいを、ペアさんと作りまーす

2021年11月18日

テーマ:
植物・生物/人・地域/食/つくる
年 齢:
全年齢
ねらい:
作る人(4,5歳児)・畑で育てた大根を使って、ペアさんと一緒にお料理する
食べる人(全年齢)・畑で育てた大根を「大根せんべい」にしてみんなで味わう

活動内容

11月18日

畑で年中さんが大根を抜いていました

1,2,3,4,5本抜いて『よいしょ、よいしょ』と年長さんのお部屋の前まで運んでいきます。

「ばんびさーん、大根とってきたよー」(逆光ですみません)

今日は年中さんと年長さんのペアで『大根せんべい』を作るのです。大根を抜くのが年中さんなら、大根をスライスするのは年長さん。…ここまでは分業です。

このスライサーで年長さんが『スライス大根』を作りました

お味噌とマヨネーズをよく混ぜ合わせて、味噌マヨが完成

ここから、年長さんと年中さんのペアさんでの共同作業です。

先生:「ペアさんと一緒に作ってね、相談しながらお願いね」

「味噌マヨ塗れたから、上にもう一つの大根のせて」「できましたー」

役を交代したりしながら、ペアさんでどんどん大根せんべいを作っていきます。たくさん出来上がると、小さいお客さんが買いに来てくれました。

1歳児:「くーだーさい!」

年少さんも並んで待っています

大根せんべいは大人気で大繁盛。買いに来られない先生には、デリバリーのサービスをお使い頂くこともできます。

『配達中』

子ども達のきづき

分担と協力の2場面を年長さんと年中さんのペアで経験しました。みんな仲良く作れていました。先生方も上手にアドバイスしながら、子ども同士での解決を見守ってくれていました。みんなのお腹に届け終わったら、自分たちも食べてみます。

ほんとにとってもおいしい

実は内心、大根せんべいは小さい子にはどうかな?と思っていたのですが…

1歳児つぼみ1組さん「ポリポリポリ…」

0歳児つぼみ3組さん

『ちょうだい、ちょうだい、と手を伸ばしているけれど…食べられるのかな?』と思いながらつぼみ3組さんを見ていると↓

ええっー。お好みの味?お好みの食感?、それとも雰囲気の力?…驚きました。

事例に対する保育者の思い

これはいわゆる『まかない』ってやつですか?

お店の人の特権で切れ端も提供され、これも『おいしい、おいしい』『食べたい、食べたい』と人気でした。

…子ども達が生で大根をポリポリ食べるなんて、大根せんべいはすごいお料理です。昨年も書きましたが、大根せんべいのポイントはただ一つ。〈味噌マヨをつけたら直ちに食べる〉それだけです。大根が味噌マヨの塩分に気づかないうちに(しんなりしないうちに)「パリッ!」という音を立てて食べることが大切です。新鮮な大根が手に入ったら、ぜひご家庭でも大根せんべいを作ってみてください。大人でしたら明太子マヨもいいですよ。

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

さくしりつたかせほいくえん 佐久市立高瀬保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 副園長 : 青木 杉子
運営法人 佐久市
運営法人代表者名 佐久市長
園の設立日 1962.10.1
認定日 2015.10.13
区分 保育所
住所 〒385-0016 佐久市鳴瀬1371
エリア 東信
お問い合わせ先 TEL : 0267-67-2155 
FAX : 0267-67-2155 
MAIL : takase-hoiku@city.saku.nagano.jp
ホームページ https://www.city.saku.nagano.jp/kenko/kosodate/hoikushisetsu/takase.html
定員数 未満児 : 35人 3歳児 : 18人 4歳児 : 18人 5歳児 : 19人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時00分
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ