土 植物・生物 食 🌼大根大収穫

2021年11月8日

テーマ:
土/植物・生物/食
年 齢:
5,4,3,2歳児
ねらい:
畑で育った大根を抜き、収穫の喜びを味わう

活動内容

11月8日

昨日は立冬でした。秋の深さが増し、冬が近づいてきました。

畑の大根

夏の終わりに蒔いた大根が大きくなりました。今日はみんなで収穫です。

今日はお家でお母さんにお料理してもらう大根をひとり1本収穫します。どれが大きいかな?どの大根がいいかな?…と畑の中を歩いて見定めていきます。「家はたくさんだから(家族が多い)大きいのがいいな」「葉っぱも食べられるんだよ、私食べたことある」などと話しながら、よく伸びた葉の下の方をのぞいて大根の太さを確認しています。

『これだ!』という大根が決まったら、抜きます

立派な大根が次々に姿を現します。大根はずっしりと重く、収穫の手ごたえもたっぷりです。今日は2歳児さんも大根の収穫をしました。なかなか抜けず、一生懸命引っ張って、抜けると同時に尻もち…という姿もありました。でもみんな笑顔。

3歳児「見て!大きいよ」

収穫が終わったら、お土産の準備。

大事にお部屋まで運びます

新聞紙に包んで『お土産』の準備ができました

子ども達のきづき

今朝、保育園のイチョウの木の下は落ち葉がいっぱいでした。

一面黄色

そこへやってきた2歳児さんが「黄色!」「いっぱいだね!」と驚きの声をあげ、落ち葉を集め始めました。時折舞い落ちてくる葉っぱには「雨みたい!」と木を見上げて大喜び。秋の自然は子ども達の周りに、心を揺さぶるもの、五感を刺激するもの、遊びの材料になるものをたくさんプレゼントしてくれます。

「いっぱい!」

「そうだ、ここに入れよう」

ほかのお友達も集まってきて、一緒にイチョウの落ち葉で遊んでいました

こちらの2歳児さんは、先生のお手伝いをして落ち葉を集めています。

ごみ箱まで運んでくれています

「こぼれないようにギューってやってる(押し込んでいる)んだよ」

一生懸命集めてくれた落ち葉は、やきいも会に使おうね。お手伝いしてくれて本当にありがとう。

事例に対する保育者の思い

子ども達は、お家の人がどんな顔をするかな?大きな大根に驚くかな?喜んでくれるかな?…と、いろいろな気持ちを持って収穫した大根を新聞に包みました。お家の皆さん、持ち帰った大根は、新鮮なうちに是非お料理に使ってください。

まだ畑には大根があります。保育園でもこれから子ども達といろいろな食べ方(お料理)を楽しんでいきたいと思います。給食の先生も早速明日の3.9の日(佐久の日)メニューの「煮こじ」に使ってくれるようです。楽しみですね。

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

さくしりつたかせほいくえん 佐久市立高瀬保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 副園長 : 青木 杉子
運営法人 佐久市
運営法人代表者名 佐久市長
園の設立日 1962.10.1
認定日 2015.10.13
区分 保育所
住所 〒385-0016 佐久市鳴瀬1371
エリア 東信
お問い合わせ先 TEL : 0267-67-2155 
FAX : 0267-67-2155 
MAIL : takase-hoiku@city.saku.nagano.jp
ホームページ https://www.city.saku.nagano.jp/kenko/kosodate/hoikushisetsu/takase.html
定員数 未満児 : 35人 3歳児 : 18人 4歳児 : 18人 5歳児 : 19人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時00分
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ