植物・生物 人・地域 食 🌼真っ赤なリンゴ

2021年9月29日

テーマ:
植物・生物/人・地域/食
年 齢:
3,4,5歳児
ねらい:
・真っ赤に染まったりんごを自分の手で採り、収穫の喜びを味わう
・リンゴを育ててくれた方に感謝の気持ちを持ちながらリンゴを味わう

活動内容

9月29日

なんだか嬉しそうな年中さん

お散歩バッグを肩にかけた子ども達が事務室の前に集まってきました。今日は『リンゴ狩り』です。

「行ってきまーす」「行ってらっしゃい、気を付けてねー」

お留守番の小さいクラスのお友達や先生が見送ってくれました。リンゴ畑までは歩いて30分ほどの距離です。年少さんは年長さんに手をつないでもらって歩きます。大きい道をそれて坂道を下り、農道を右に上っていくと真っ赤なリンゴがお出迎え。

シナノピッコロ

「こんにちは、よく来てくれましたね」

リンゴ畑の柳沢さんに「よろしくお願いします」と元気に挨拶。そしてお待ちかねのリンゴ狩りです。

子ども達のきづき

年長さん

鈴なりの真っ赤なリンゴの中から『これだ!』と決めた一つをもぎ取りました.

年少さん

草の上に腰を下ろして、洗ったリンゴをまるかじり。「シャキッ」「パキッ」という音が聞こえます。果汁が口の中に広がります。「おいしい!」という声や笑顔。年長さんの中には芯まですべて食べつくした子が3名いました。リンゴも喜んでいますね。

事例に対する保育者の思い

真っ青な秋の空に下弦の月(見つけてください)

こんな素晴らしい自然の中で過ごせる高瀬保育園の子ども達は幸せです。リンゴを木からとって数分後にはお腹の中に入れてしまうなんてこの上ない贅沢です。初めてかもしれない(3歳児)『丸かじり』という食べ方をすんなり受け入れる姿は、素直でもあり逞しくもあります。念のため、まな板と包丁を用意していきましたが、今年も出番はなしでした。

毎年おいしいリンゴを育て、子ども達を待っていてくれる柳沢さんに「ありがとうございました」とご挨拶をしてリンゴ畑を後にした子ども達は、お散歩を楽しみながら園へ戻りました。秋のいい一日になりました。

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

さくしりつたかせほいくえん 佐久市立高瀬保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 副園長 : 青木 杉子
運営法人 佐久市
運営法人代表者名 佐久市長
園の設立日 1962.10.1
認定日 2015.10.13
区分 保育所
住所 〒385-0016 佐久市鳴瀬1371
エリア 東信
お問い合わせ先 TEL : 0267-67-2155 
FAX : 0267-67-2155 
MAIL : takase-hoiku@city.saku.nagano.jp
ホームページ https://www.city.saku.nagano.jp/kenko/kosodate/hoikushisetsu/takase.html
定員数 未満児 : 35人 3歳児 : 18人 4歳児 : 18人 5歳児 : 19人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時00分
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ