植物・生物 空・天気 人・地域 食 つくる 🌼秋がやってきました

2021年9月16日

テーマ:
植物・生物/空・天気/人・地域/食/つくる
年 齢:
5歳児、4歳児、2歳児
ねらい:
身の回りの自然に触れ、いろいろなことを体験したり、発見したりして楽しむ

活動内容

9月16日

「カマキリだー!」という2歳児さんの声

枯草にとまっていたカマキリは、人の声と気配に驚いて、あっという間に草の中に隠れてしまいました。

「どこだどこだ」

2歳児すみれ組の子ども達が一生懸命探しますが見つからず。今日のかくれんぼはカマキリの勝ち!

カマキリがいなくなった枯草に今度はトンボ

自分でも驚くくらい上手に撮れました。きれいです。そして姿勢がいい(笑)

畑では夏野菜のお片付けが行われています。

トマトやキュウリの棚を片付けています

子ども達もお手伝いです。草捨て場まで運びます。

大根の芽

きれいになった畑には、大根が芽を出しました。一人3粒ずつ種を蒔いたので、仲良く3本ずつ育っています。大きな大根に育つように、先生が「間引き」をしてくれました。一番元気のいい1本を残して残りを抜きます。

間引きで抜かれた大根の芽

せっかく芽を出したのにただ捨ててしまうのは気が引けます。

きれいに洗って、さっとゆでて…

間引かれた大根の葉っぱは、年中さんのお腹の中に入って栄養に変わりました。

子ども達のきづき

身の回りの自然の中に、子ども達はいろいろな秋を見つけてくれます。そんな中「春」を思い出したクラスがあります。年長のばんびさんです。

今日は運動会の練習が頑張れるようにと『イチゴジャム』を作るのだそうです。保育園で少しずつ採りためたイチゴを冷凍庫から出して作業開始。

解凍したら、お砂糖と混ぜました

お鍋に移してぐつぐつ煮ます。煮立って来たら『あく』が出てきました

先生があくを丁寧に取ってくれました。このひと手間でよりおいしく

最後は『おいしくなーれ』と心で唱えながら順番に混ぜました

上手にイチゴジャムが完成!小さいクラスにもおすそ分けして、みんなでおいしくいただきました。また明日も元気にいっぱい遊べるエネルギーをチャージできましたね。

事例に対する保育者の思い

年長さん:イチゴジャムのパンおいしいです!

今日もイチゴジャム作りを通して『できた!』という喜びを体験した年長さんです。遊びや生活の中で、小さな『できた』の積み重ねをどのくらい経験させてあげられるかが大事なのだと思います。「カマキリを見つけられた」も、「たくさん走れた」も、「お料理ができた」も、どれも『できた』です。子ども達のそばにいて、できたね、すごいね、頑張ったね、とその瞬間の気持ちに共感できる大人でありたいなと思います。

これはいったい?

次回のやま保育はこの続きから…。

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

さくしりつたかせほいくえん 佐久市立高瀬保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 副園長 : 青木 杉子
運営法人 佐久市
運営法人代表者名 佐久市長
園の設立日 1962.10.1
認定日 2015.10.13
区分 保育所
住所 〒385-0016 佐久市鳴瀬1371
エリア 東信
お問い合わせ先 TEL : 0267-67-2155 
FAX : 0267-67-2155 
MAIL : takase-hoiku@city.saku.nagano.jp
ホームページ https://www.city.saku.nagano.jp/kenko/kosodate/hoikushisetsu/takase.html
定員数 未満児 : 35人 3歳児 : 18人 4歳児 : 18人 5歳児 : 19人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時00分
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ