水 つくる 🌼浮かべてみよう!遊んでみよう!

2021年7月26日

テーマ:
水/つくる
年 齢:
5歳児
ねらい:
・お友達と協力し合って船を作る
・できた船をプールに浮かべて遊ぶ

活動内容

7月26日

東京オリンピックが始まりました。みなさんはどんな競技をご覧になられましたか?同時進行でいろいろな種目が行われているのでチャンネルを選ぶのが大変です(笑)

さて、今日年長さんは、参観日にお家の方と土台を作った後、お友達と協力して完成させた船をプールに浮かべてみるようです。どうなるのかワクワクしながら、みんなで持ち上げて運びます。

船は大きいので、あちこちにぶつからないように、みんなで気を付けながらプールまで、よいしょ・よいしょ。

今日は休み明けで、プールは水深10センチ程。果たして浮くのか…と心配しましたが、船はちゃんと浮いてゆらゆらしています。子ども達はそれぞれの船に集まって遊び始めました。

引っ張ってもらうと進みました!

3人になっても進みます

オールで漕いでいます

オリンピックでカヌーの競技を見た子が、朝急きょ先生と一緒にオールを作りました。気分はオリンピック選手です。

たくさん遊んで、壊れてしまった船もありましたが、また明日修理して浮かべてみるようです。明日はお水がいっぱいだと思います。また違った楽しみを経験できそうです。

子ども達のきづき

「楽しかった!」「ちゃんと浮かんでた」「面白かった」という満足した感想がたくさんでした。でもその一方で「私ずっと引っ張っていたんだよ」「乗りたかった」という小さな声がありました。

楽しくて楽しくて、ずっと船に乗っていた子たちはその声を聞いてハッとしたことでしょう。引っ張り続けてくれた子たちの存在とその思いに気付けたと思います。明日は交代したり順番を決めて楽しめるはずだと思います。みんなを信じて期待して、明日を待ちたいと思います。

事例に対する保育者の思い

お家の方に材料提供や土台の組み立てにご協力いただいたペットボトルの船で遊んでみました。ペットボトルは水に浮かぶということや、何人か乗ってもちゃんと浮かんでいる、ということを知ったのと同時に、「お友達と遊ぶ時に大事なこと」を改めて知る日となりました。こういうことを積み重ねながら、子ども達の心は成長していくのだと思います。しっかりと見守っていてあげたいと思います。

連休明けのお蚕さんの様子もご紹介します。

7月21日

5日経ったらこんなに大きくなりました(新聞の文字の大きさを参考に見比べてみてください)。色も白に変わりました。

7月26日

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

さくしりつたかせほいくえん 佐久市立高瀬保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 副園長 : 青木 杉子
運営法人 佐久市
運営法人代表者名 佐久市長
園の設立日 1962.10.1
認定日 2015.10.13
区分 保育所
住所 〒385-0016 佐久市鳴瀬1371
エリア 東信
お問い合わせ先 TEL : 0267-67-2155 
FAX : 0267-67-2155 
MAIL : takase-hoiku@city.saku.nagano.jp
ホームページ https://www.city.saku.nagano.jp/kenko/kosodate/hoikushisetsu/takase.html
定員数 未満児 : 35人 3歳児 : 18人 4歳児 : 18人 5歳児 : 19人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時00分
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ