植物・生物 人・地域 🌼ミニコンサート -ばんび組-

2021年7月20日

テーマ:
植物・生物/人・地域
年 齢:
5歳児
ねらい:
・友達と声を合わせて歌ったり、リズムを合わせて演奏することの心地よさや楽しさを味わう
・違うクラスのお友達や先生方に自分たちの演奏を楽しんでもらう

活動内容

7月20日

今日はばんび組(5歳児)のミニコンサートが行われます。招待状を受け取ったみんなが遊戯室に集まりました。

 どんな歌が聞けるのか楽しみに開演を待ちます

ばんびさんは、<♪うたえバンバン><♪ね>という2曲を歌で発表。それから<♪ドレミのうた>を合奏で聞かせてくれました。一曲終わるごとに会場から大きな拍手。ばんびさんは手ごたえを感じながら発表を続けます。

大人から1歳児まで、みんなで拍手

「ね」という歌はとても素敵な曲です

年長さんはハンドベルも披露してくれました。年中さんは憧れのまなざしで見つめていました。

♪きらきらぼし

昨日と今日の2日間、保育園中のみんなで音楽を楽しむことができました。きれいな音や楽しいリズムに包まれた後は、プールで元気に遊びました。今日も真夏日です。

子ども達のきづき

ミニコンサートの感想を年長さんに聞くと「緊張した」の声がとても多かったです。年中・年少さんの「楽しかった」「いい気持ちだった」という昨日の声とは大違いです。その違いこそが成長の過程、成長の証なのだと思います。年長さんは、しっかり発表したい、任された楽器をしっかり演奏したい、という強い気持ちを持ってステージに上がっていたのですね。みんなとても上手にできていましたよ、よく頑張りました!

「一緒に歌ってくれている子もいて嬉しかった」という声もありました。「拍手もいっぱいで嬉しかった、赤ちゃんもパチパチしてくれていたよ」の声も。

「アンコールって言われなかったらどうしようと思った」という感想もありました。今日もアンコールはちゃんとありました。アンコールで聞かせてくれた<♪にじ>の歌も素敵でした。

事例に対する保育者の思い

昨日と今日のミニコンサート、やってよかった!と思います。「違うクラスのお友達や先生方に自分たちの発表を見ていただく」という機会は子ども達にとってとても大切だと思います。発表する側にも見る側にも、成長につながる『いいこと』がたくさんあるなと感じた2日間でした。

3歳未満児担当の先生方は、『慣れない場所と人の中で、不安がる子や飽きてしまう子もいるかもしれない』という心配も持っていました。でも子ども達は、興味をもってステージを見つめ、演奏が終わるとパチパチと拍手を送ることを覚え、ミニコンサートの時間をじっくり楽しんでいました。

今日もよく晴れ、午後1時の気温は33℃。これからもう少し上昇しそうです。セミの合唱も聞こえてくるようになりました。

(突然ですがクイズです)この包み、中身は何でしょう?

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

さくしりつたかせほいくえん 佐久市立高瀬保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 副園長 : 青木 杉子
運営法人 佐久市
運営法人代表者名 佐久市長
園の設立日 1962.10.1
認定日 2015.10.13
区分 保育所
住所 〒385-0016 佐久市鳴瀬1371
エリア 東信
お問い合わせ先 TEL : 0267-67-2155 
FAX : 0267-67-2155 
MAIL : takase-hoiku@city.saku.nagano.jp
ホームページ https://www.city.saku.nagano.jp/kenko/kosodate/hoikushisetsu/takase.html
定員数 未満児 : 35人 3歳児 : 18人 4歳児 : 18人 5歳児 : 19人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時00分
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ