土 植物・生物 🌼種まき -ジャガイモの巻-

2021年4月28日

テーマ:
土/植物・生物
年 齢:
5,4,3歳児
ねらい:
・成長や収穫を楽しみにしながら種芋の植え付けをする
・切ったジャガイモからたくさんのジャガイモができることを栽培を通して知っていく

活動内容

4月28日

園庭南側の畑の一部を毎年お借りしています。持ち主の方にきれいに耕していただいたお陰で、土はふわふわです。

みんなで畑へ

お家の方が長靴を用意してくださり農作業の身支度OK。先生方がジャガイモを植え付ける場所に畝を作ってくれ、畑も準備OKです。

教材庫で保管されていた種イモもいよいよ出番です

種イモを2~3等分に切り、切り口には灰をつけます。

種イモは一人一つずつ

灰がついている方を下にして置きます

種イモの間に先生が『お芋のごはん(肥料)』を置いてくれました

種イモの上に土をかけたら植え付けは終了です。

そーっと、やさしく

今年は畑でどんなお野菜が育つのでしょう。これからの畑作りも楽しみですね。

子ども達のきづき

3歳児:お芋がいっぱいできたら火でやる!(焼き芋のことかな。ジャガイモだって焼いてもおいしいかもね、やってみようか…)

5歳児:みんなで相談して、植える野菜を決めたよ。トマトでしょ、キュウリでしょ、ズッキーニ、サツマイモ・・・・(畑づくりをとても楽しみにしているようです)

3,4,5歳児さんはジャガイモを植えた後、花桃を見に出かけていきました。大きい子が出かけた園庭では、2歳児さんがお砂場で元気に遊んでいました。今日は『プライベートお砂場』ですね。

青帽子の2歳児さん:大きなお山を作ったね

0,1歳のつぼみ3組さんもテラスのお砂場で遊んでいます。泣かないで遊べるようになってきたんだね。

見慣れぬ人には警戒…の視線?

事例に対する保育者の思い

毎年快く農地をお貸しくださる地域の方の好意と、佐久市の『ふれあい農園』の事業(目的:農作業に接する機会が少ない子ども達に、農園での体験を通じて作物を育てる楽しさを知り、農業を身近に感じてもらう)が保育園での畑作りを支えてくれています。子ども達もですが、私たち職員も畑作りの経験がある先生に教わりながら、園の畑で作物の育て方を知り、栽培の楽しさを知っていきます。今年も子ども達と一緒に、喜んだり驚いたりしながら畑作りを経験していきたいと思います。

お散歩から帰った年長さんが四つ葉のクローバーを見せてくれました。

『幸せになれるんだよ』

お散歩バッグの中にもいいものがいっぱい入っているようです。お散歩バッグをお家に持ち帰ったら、一緒に中身を見ながらお散歩の話を聞いてあげてください。子ども達はきっと、お母さん、お父さんに話したいことがたくさんあるはずです。

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

さくしりつたかせほいくえん 佐久市立高瀬保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 副園長 : 青木 杉子
運営法人 佐久市
運営法人代表者名 佐久市長
園の設立日 1962.10.1
認定日 2015.10.13
区分 保育所
住所 〒385-0016 佐久市鳴瀬1371
エリア 東信
お問い合わせ先 TEL : 0267-67-2155 
FAX : 0267-67-2155 
MAIL : takase-hoiku@city.saku.nagano.jp
ホームページ https://www.city.saku.nagano.jp/kenko/kosodate/hoikushisetsu/takase.html
定員数 未満児 : 35人 3歳児 : 18人 4歳児 : 18人 5歳児 : 19人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時00分
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ