植物・生物 人・地域 つくる 🌼気が付けば、春の風が

2021年3月18日

テーマ:
植物・生物/人・地域/つくる
年 齢:
5歳児
ねらい:
・自分たちで育てた植物の成長に気づき、春の訪れを感じる
・一年間の思い出となるよう、卒園の日に胸元を飾るコサージュを、飼育したお蚕さんの繭や、育てたお花を使って作る

活動内容

3月17日

暖かな春の日差しが子ども達に降り注いでいます。花壇にはチューリップや水仙が芽を出しつぼみを膨らませています。

年長さんのテラスの前に、たくさんの砂場の遊具が集められています。新年度気持ちよく使ってもらえるようにと、年長さんがきれいに洗ってくれています。年長さんはこの一年間、お庭のパトロール(遊具のお片付け)や廊下の雑巾がけを毎日してくれました。最後に遊具の手入れもしてくれて「本当にありがとう」です。頼もしく成長したみんなにはランドセルもバッチリ似合うことでしょう。

年長さんのお部屋には絵が描かれた植木鉢

自分たちで育てたパンジーをこの植木鉢に入れて卒園式のステージに飾るようです。パンジーの様子は↓

あっという間に春です。卒園式まで年長さんが登園するのはあと2日です。

子ども達のきづき

・年長さんは、夏に育てたお蚕の繭や貝細工の花、秋のお散歩で拾ったシダーローズを使ってコサージュを作りました。繭は、赤じそや藍、マリーゴールドなどで染めてお花にしました。卒園の日、胸に飾ります。年中さんが作ってくれたコサージュ入れと共に

・遊具の手入れやお片付けはとても張り切ってできました。「もう水もあまり冷たくなかった」そうです。ありがとうございます。とてもきれいになりました!

・卒園式当日は在園児は式に参加しませんが、式の練習に参加。小さいクラスのお友達も、年長さんにたくさんの拍手を送ったり、堂々と証書を受け取る姿をしっかりと見守りました。年長さんの歌を聞いて「私少し涙が出そうだった」と話す年中さんもいました。卒園式練習風景

事例に対する保育者の思い

久しぶりの再会にみんな笑顔

先日、年長さんが年中の時担任だった先生(現在育休中)が、「卒園おめでとう。小学校へ行っても元気でね!」と年長さんに会いに来てくれました。離れていてもみんなのことを思ってくれている人がたくさんいるんですよ、嬉しいね。

6月に生まれた赤ちゃん

0歳児クラスから年長さんまで、園児一人ひとりみんなが成長したことを折に触れ実感し、嬉しさを感じる春です。来年度へ向けみんなで少しずつ準備をしながら、一日一日を大切に過ごしていきたいと思います。

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

さくしりつたかせほいくえん 佐久市立高瀬保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 副園長 : 青木 杉子
運営法人 佐久市
運営法人代表者名 佐久市長
園の設立日 1962.10.1
認定日 2015.10.13
区分 保育所
住所 〒385-0016 佐久市鳴瀬1371
エリア 東信
お問い合わせ先 TEL : 0267-67-2155 
FAX : 0267-67-2155 
MAIL : takase-hoiku@city.saku.nagano.jp
ホームページ https://www.city.saku.nagano.jp/kenko/kosodate/hoikushisetsu/takase.html
定員数 未満児 : 35人 3歳児 : 18人 4歳児 : 18人 5歳児 : 19人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時00分
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ