人・地域 🌼サッカー教室

2020年10月22日

テーマ:
人・地域
年 齢:
5歳児
ねらい:
地域のサッカークラブの選手と一緒に体を動かし、サッカーの楽しさを知る

活動内容

10月22日

今日は今年度初めてのサッカー教室です。秋空の下で思い切り体を動かすつもりでしたが…曇り空です。午前中は雨でしたので適度に土が湿っており、ピッチコンディションは上々です。

しっぽ取りゲーム

まずは『しっぽ取りゲーム』です。取りに走ります。取られないように逃げます。取られたら取返すために追いかけます。思いっきり体を動かしてウォーミングアップ。

足の周りでボールを回します

ボールを歩く速さにちょうど良い距離を蹴って(それがなかなか難しい)進む『お散歩』をしたり、体の周りや足の周りでボールを回したりします。

足の裏でボールを止めます

ボールを使ったいろいろな動きを教わりました。ボールと仲良くなったら次はサッカーの試合です。1試合目は赤チーム対黄色チームです。

夢中でボールを追いかけ走ります

お庭は広いので大変です。砂場の向こう側までボールが転がる。ゴールの裏にもボールは転がる。なかなかゴールの方向にボールが転がっていきませんが…点が取れないわけでもない。走り続けてボールを蹴り続けるとゴールの喜びもあります。走って転んで、また走って、みんな夢中でボールを追いかけます。

2試合目は、子ども対コーチ(2人)です。

コーチがボールを持つとなかなか奪えません。それでもあきらめずに挑んでいく子ども達でした。

子ども達のきづき

初めてのサッカー教室を終えた子ども達は『面白かった!』『楽しかった!』『またサッカーやりたい』という感想を話してくれました。

コーチとの対戦では、自分たちのゴールの枠を広げてくれた瞬間に『ありがとう』という声。純粋です。

コーチのゴールは幅2メートル

子ども達のゴールの幅は5メートル

試合の結果は結局3対2でコーチチームの勝利でした。この次は勝てるといいね!

事例に対する保育者の思い

アルティスタ浅間の皆さんは、サッカーを通じて子ども達の健康・育成を目的としてサッカー教室を開催してくださっています。第1回目の7月は新型コロナのために中止としましたが、今日は開催することができてよかったと思います。塩沢選手と西コーチのお二人が今日は指導に当たってくださいました。次回もよろしくお願いします。

コーチとの対戦でゴールをがっちり守る子ども達

『みんなで力を合わせてゴールを守ろう』『隙間があると入れられちゃうよ』と声を掛け合ってゴールを塞ぐのに一生懸命な子ども達。ただ、攻めていかないと点は奪えないよ…。いろいろなことを体を通して学んでいってほしいと思います。

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

さくしりつたかせほいくえん 佐久市立高瀬保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 副園長 : 青木 杉子
運営法人 佐久市
運営法人代表者名 佐久市長
園の設立日 1962.10.1
認定日 2015.10.13
区分 保育所
住所 〒385-0016 佐久市鳴瀬1371
エリア 東信
お問い合わせ先 TEL : 0267-67-2155 
FAX : 0267-67-2155 
MAIL : takase-hoiku@city.saku.nagano.jp
ホームページ https://www.city.saku.nagano.jp/kenko/kosodate/hoikushisetsu/takase.html
定員数 未満児 : 35人 3歳児 : 18人 4歳児 : 18人 5歳児 : 19人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時00分
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ