植物・生物 水 空・天気 人・地域 🏯たのしいこと、いっぱい!

2020年6月19日

テーマ:
植物・生物/水/空・天気/人・地域
年 齢:
4歳児
ねらい:
園の周りの自然に触れ、発見したり工夫して遊ぶことを楽しむ。

活動内容

6月17日

田口保育園の園舎の裏には、五稜郭公園が隣接されています。子どもたちも親しみのある大好きな場所で、3歳以上児は毎日マラソンに出かけたり、未満児クラスのお散歩に活用したり全園児の遊び場になっています。

子どもたちが、毎日マラソンをしている遊歩道は五稜郭の形になっていて上から見ると、こんな感じ。(手前が園舎)

公園には水も流れているので、暑くなってきた今の季節は水遊びも楽しみの一つ。

草の茎で釣り遊び。「釣れるかなあ?」

タンポポの茎をずーっと水につけています。何をしているのかな?

「できた!」

すごい!先がクルクルになってる!!不思議!かわいいね!

公園の中には吾蔵記念館があります。いつも、館長さんのお誘いで特別展示があるとみんなで出掛け、芸術に触れて楽しんでいるのですが、残念ながら今年度は自粛中。

ならばと記念館の裏に回ってみると

「あっ、何かいるよ。行ってみよう!」

 

きじだ!!!

凛々しいですね。

かわいい草花を摘んでおうちの人にもお土産。

いっぱい楽しかったね。

 

 

 

子ども達のきづき

走っていくお友達に「脅かすとにげちゃうよ。しーっ」

キジさんのここんとこ(頭)赤かったね」

「あっ、鳴いた!」

間近で見たキジに興味津々の子どもたちでした。

 

事例に対する保育者の思い

いつも通りの活動が難しい日々ですが、保育園の身近な場所にも楽しみはいっぱいあります。どんどん育つ草も子どもたちにかかれば、釣り竿や素敵な飾り、楽しい遊具に変身。子どもたちの発想があれば、これからもたくさんの楽しい遊びが生まれそうです。身近に自然いっぱいの素敵な場所があることを感謝しつつ、子どもたちの作り出す遊びを思い切り楽しめるよう見守ってあげたいです。

ところで、田口保育園の周りにはキジのほかに、山からサルも出現します。こちらは危険ですのであまり歓迎できませんが、キジにサル?あと1匹揃えば…昔話も始まりそうな感じですね。

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

さくしりつたぐちほいくえん 佐久市立田口保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 柳沢美智子
運営法人 佐久市
運営法人代表者名 佐久市長
園の設立日 1964.10.1
認定日 2015.10.13
区分 保育所
住所 〒384-0412 佐久市田口3117
エリア 東信
お問い合わせ先 TEL : 0267-82-2602 
FAX : 0267-82-2602 
MAIL : taguchi-hoiku@city.saku.nagano.jp
ホームページ https://www.city.saku.nagano.jp/kenko/kosodate/hoikushisetsu/taguchi.html
定員数 未満児 : 21人 3歳児 : 23人 4歳児 : 23人 5歳児 : 23人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ