植物・生物 つくる 🌼もうすぐ卒園 -コサージュ-

2020年3月18日

テーマ:
植物・生物/つくる
年 齢:
5歳児
ねらい:
一年間の思い出となるよう、卒園の日に胸元を飾るコサージュを、飼育したお蚕さんの繭や、育てたお花を使って作る。

活動内容

3月18日

暖かい春の日差しが降り注いでいます。3月も中旬、一年を締めくくる季節がやってきました。

年長さんは、夏、お蚕さんを育てました。みんなでたくさん桑の葉をあげたので、立派な繭になりました。その繭をいろいろな植物で染めました。

①夏の日、紅花を揉んだらこんなに鮮やかなオレンジ色に…この液で染めた繭はクリーム色に仕上がりました

②花壇で育てた『藍』を揉んで煮出し、石灰水とハイドロを加えて繭を青に染めました

③子ども達が摘んだコスモスのお花で染めた繭はピンク色に ④黄色の繭を作るお蚕さんが作った繭はそのまま黄色で・・・この4色の繭と、種を蒔くところから育てた帝王貝細工の花を合わせて、コサージュができあがりました。

コサージュを入れる箱も、草花で染めた和紙を貼って作りました。

保育園を巣立つ18人の年長さんの一年間の体験が詰まった素敵なコサージュ。胸に飾る日はもうすぐです。

子ども達のきづき

お蚕さんを育てたり、いろいろな植物で染物をした夏から秋。子ども達はだいぶ前のことのように感じているようです。出来上がったコサージュは、お友達と一緒にしてきた、たくさんの遊びや体験を振り返る手掛かりとなったようです。

「素敵なコサージュができたね」と言うと、「これは卒園式の日に(胸を指して)ここにつけるんだよ!楽しみ~」と明るい声が返ってきました。これからやってくる日々に、たくさんの楽しみや期待を抱いている子ども達。その目はいつも未来を見ています。

事例に対する保育者の思い

3月5日の事例に年長さんが植えたチューリップの芽が出たことと、冬の間お世話を続けてきたパンジーがつぼみを膨らませていることを載せました。あれから2週間、チューリップはつぼみを膨らませ、パンジーは色とりどりの大きな花を咲かせています。

高瀬保育園の卒園式は24日です。一日一日と日が過ぎる中で、私たち保育士は子ども達との別れの日が近づいてくることに寂しさばかりを感じてしまいますが、子ども達は希望に胸を膨らませ新しいステージへの扉を元気よく開こうとしています。一人一人の成長した姿を目に焼き付け、笑顔で送り出してあげたい!と思います。

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

さくしりつたかせほいくえん 佐久市立高瀬保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 副園長 : 青木 杉子
運営法人 佐久市
運営法人代表者名 佐久市長
園の設立日 1962.10.1
認定日 2015.10.13
区分 保育所
住所 〒385-0016 佐久市鳴瀬1371
エリア 東信
お問い合わせ先 TEL : 0267-67-2155 
FAX : 0267-67-2155 
MAIL : takase-hoiku@city.saku.nagano.jp
ホームページ https://www.city.saku.nagano.jp/kenko/kosodate/hoikushisetsu/takase.html
定員数 未満児 : 35人 3歳児 : 18人 4歳児 : 18人 5歳児 : 19人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時00分
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ