人・地域 🌼お手玉遊び

2020年2月21日

テーマ:
人・地域
年 齢:
5歳児・4歳児・3歳児
ねらい:
・お手玉遊びの楽しさを知る
・お手玉を教えてくださる方との交流を楽しむ

活動内容

2月20日

今日はお手玉遊びを楽しみます。地域の子ども達とお手玉を楽しんでいる修子先生がたくさんのお手玉を携えて保育園に来てくれました。

歌に合わせてお手玉をお隣のお友達に渡していきます

♪あんたがたどこさ‥の歌を歌いながら『さ』で逆回り‥できるかな?挑戦してみよう。

今度は寄せ玉遊びの拾い技

♪おっさ~らい・・・と歌に合わせて4つのお手玉でいろいろな技をしていきます。

おっさ~らい♪

お手乗せ、お手乗せ・・

おはさみ、おはさみ・・

手の甲にお手玉を乗せたり、指で挟んだり、腕の下を通したり。修子先生の歌に合わせ、修子先生の動きを真似て、いろんなお手玉の遊び方を知りました。

最後はゴムのついたお手玉で『パプリカ』の曲に合わせてダンスお手玉です。

夏が来る 影が立つ あなたに会いたい‥♪

パプリカ花が咲いたら 晴れた空に種を蒔こう♪

・・ハレルヤ 夢を描いたなら 心遊ばせあなたに届け かかと弾ませこの指止まれ♪

子ども達のきづき

3歳児はお手玉を渡されたとき「あれ、いい匂い」とお手玉の中に忍ばせたラベンダーに気づきました。そこから楽しくお手玉遊びがスタートしました。お手玉を頭の上に乗せ、お辞儀をして『ストン』と手のひらに落としたり、玉入れならぬ『お手玉入れ競争』も楽しみました。ウインナーお手玉も楽しかったね。

4歳児はお家の方に作ってもらったお手玉でお正月から遊んでいるので、修子先生が来るのを楽しみに待っていました。「おっさ~らいが楽しかった」「上に投げて手をたたいてから取るのが楽しかった」と修子先生とのお手玉の時間を楽しんだようでした。

5歳児は去年お手玉でたくさん遊びました。今日は新しい遊び方を教えてもらい、挑戦し、難しさを感じたり達成感を感じたりのひと時でした。

事例に対する保育者の思い

お手玉は昔からの伝承遊びの一つですが、今子ども達に伝えられる人は少ないと感じます。私たち職員も十分に知らないため、昔遊びの会の修子先生に教えていただけることはとてもありがたいことです。職員も子ども達と一緒にお手玉遊びを教わりました。

世界で「お手玉」というものが初めて誕生したとされている国は古代ギリシャということで、日本にお手玉が伝わったのは奈良時代のことだったとされています。(諸説あります)

ちなみに…9月20日が「お手玉の日」だそうです。

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

さくしりつたかせほいくえん 佐久市立高瀬保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 副園長 : 青木 杉子
運営法人 佐久市
運営法人代表者名 佐久市長
園の設立日 1962.10.1
認定日 2015.10.13
区分 保育所
住所 〒385-0016 佐久市鳴瀬1371
エリア 東信
お問い合わせ先 TEL : 0267-67-2155 
FAX : 0267-67-2155 
MAIL : takase-hoiku@city.saku.nagano.jp
ホームページ https://www.city.saku.nagano.jp/kenko/kosodate/hoikushisetsu/takase.html
定員数 未満児 : 35人 3歳児 : 18人 4歳児 : 18人 5歳児 : 19人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時00分
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ